fc2ブログ

メインの音質改善  ミッドバスのバイアンプ化

昨日は、伊東市からのお客様のmyuさんが訪問されました。
このことは、昨日のブログで紹介済みですが、訪問されて音質改善のヒントを頂いていました。

myuさんのシステムの駆動系は、オールアキュフェーズのA級アンプです。
7台のパワーアンプをブリッジ接続など駆使して同社のチャンネルデバイダーを使用した本格的なマルチシステムです。
僕もアキュフェーズのA級アンプ党ですので、求めている音の傾向は同じ線上にいるかと思います。
スピーカーもメーカーこそ違いますが、自作派ですのでその辺の愉しみ方も熟知されています。

訪問時に、メインのみの試聴でしたが途中からmyuさんの本来の訪問目的の2wayのみでの試聴を開始。
その後、プラス・ミットバスIlluminator 18WU/4747T00 と2wayの再生を増やして行き音の変化の確認をしていました。
myuさんの感想は、ソフトに伝えてくれましたが、隠し味(縁の下の力持ち)のはずの上部のミッドバスが主張している旨を伝えられる。
これは、これで音としては好みの範疇に入るレベルですが、僕も少し気になっていただけに考えさせられました。
Ellipticor 18WE/4542T00 18cm(主メイン)の能率が92.5dB、上部のミッドバスが88.1dBと4.4dBの音圧さ(倍以上)があるので、スパイス的に補助してくれていると考えていました。
myuさんの帰宅後、1m付近で上部の音を確認すると・・・・確かに上部のIlluminator 18WU/4747T00の音が主張している。
上部のIlluminator は、Ellipticor の格下になるユニットですので格下の音が出しゃばっては、高額ユニットの価値が半減されてしまいます。

それと、アンプ側から見ると片チャンネルでツイーターを含め4Ωのユニットが3本を駆動、それぞれフィルターを介在していますので単純な抵抗値となりませんが、アンプへの負担の改善も考慮、音圧調整も可能なバイアンプ化にすることにしました。


IMG_1514m.jpg


今まで、E-800で3ユニットをドライブしていた。


IMG_1514mlkj.jpg


E-800で2ユニット、A-48で1ユニットのドライブに変えました。
ウーファー用に買い求めたA-48でしが、現状はフルレンジ専用のアンプとしていましたので存在価値が上がりました。


IMG_1524.jpg


ネットワーク専用箱に、A-48用のスピーカー端子を設けるために蓋を加工しているところです。


IMG_1530.jpg


間違える事は無いと思いますが、念のためにスピーカー端子のプレートの色を使い分けて白としました。

結果は、A-48のゲインを下げてIlluminator 18WU/4747T00の影響を軽減しましたが、全く無でなく程よい加減でEllipticor 18WE/4542T00と コラボしています。
細くなりがちの2wayのみ音に、スパイス的に程よく肉と色気が付き、昨日は肉が少し着き過ぎていたような感がありましたが見事に改善されました。
副産物なのか分かりませんが、音の力強さが増して歪みもないので、今までに無い爆音で聴いても煩くならない。
マルチの良さを堪能しています。
myuさんに感謝♪~感謝♪~です。

それにしても、myuさんの感想の的を得ていて気がつかされました。
・・・・「今回の新メインのスピーカーの音は音力が半端ではないです。音に質量があります。色彩豊かで筆のタッチが豪快な油絵の世界です。ソニーロリンズの サキソフォン・コロッサスを聴くと、東北の有名なあるジャズ喫茶の音はもしかしたらこんな感じなのでは・・・・」 ブログの一節を引用させていただきました。

☆我が家の訪問記が紹介されていますが、今夜にも続編がアップされそうです。

https://myuaudio.hatenablog.com/





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示