fc2ブログ

部屋の特性が・・・・・

IMG_1909.jpg

写真は、リバーシの前後の様子です。
リアにあるダクトは、少し大きめに作ってあります。
それは、多い物の調整は出来ますが、少ない物を多くすることは出来ない。
後者の場合は一から作り直しになります。
ですから、見栄えの良い市販品のダクトを設けると箱の容積を変えなければなりません。
今回、10cmの箱を3パターンほど作ったのは、それが理由です。

IMG_1902.jpg

大きめのダクトは、桟木を入れてダクトの面積を調整しています。
自室では、この面積で丁度良さそうですが、部屋に寄ってはこの桟木を外しても足りなくなる可能性があります。
全ては、自己の好みでの調整ですが、結果として再生帯域も伸びてる。
機械が音楽聴くわけでもないですので、個人が良ければそれで良いと思います。
難しいことは考えると自作スピーカーをすること自体面白くなり、趣味として衰退します。

IMG_1903.jpg

ここまでやると限りなく密閉に近づきますが、少しでも隙間があると量感は少なくなりますが低音は出ます。
完全に塞ぐと6cm本来の細く寂しい音になります。
吸音材を沢山使用しても量感は減りますが、隙間があれば低音がでますが、共鳴を利用する意味が無くなりますね。(笑)
必要悪の吸音材ですが、万能ではありません。
高域は効率よく吸音しますすが、帯域が低くなるに連れ効果は減少します。
故に低音の量感あまり減りません・・・が経験では入れる位置(バックキャビ)で大きく減衰します。
BH、BHBSならハンドレッド単位で製作をしている経験からです。


部屋の特性で音が変わる。

今更ですが、低音の量感と最低域は、部屋の特性で決まると言って過言では無いです。
これは、他の部屋での再生時に大きく現れます。
ですから、市販品の高級スピーカーがブミーで酷い状態になってる状況を、サーロジックの村田さんとクリニックで訪れたこともありました。
多すぎる分には、板振動で吸音させれば良いのですが、低音が位相反転(打ち消し合い)でかき消されている部屋では・・・・・
大変な作業になります。
位相反転(定在波)は、同じ部屋の聴く位置の違いでピークにも成ったり、全く聞こえない状態にもなります。
最も、此の状況はある程度広い部屋に多く現れます。
逆にリスナーの直後ろが壁などの狭い部屋だと定在波の影響で低音の量感は増えます。

自室の話ですが、長手方向の長さは6m10cm(京間なら6m30cm)ほどあります。
鉄筋コンクリート住宅なので、木造住宅より壁が厚い分狭いです。
此の状態の時に、全く聞えない帯域がありました。
40Hzが全く聞えない! 当初は、小口径のBHやBHBSなので50Hzまでの再生しか出来ていないと考えていました。
そこで、20cmウーファー(FW208N)を片チャンネル2本で低域の足りない部分の再生を試みるが、40Hzの再生が出来ず測定した結果は、40Hz付近に大きな谷が発生している。
再生帯域は、23Hz付近に小さな山が発生しているので23Hzは部屋の特性でピークが現れていたのだと推測される。
それだけなら良いですが、ミッドバスが耐えがたいほど膨れ上がり、これが切っ掛けでルームチューンをすること5年の歳月を要しました。
膨れたミッドバスとの戦いでした。
ですから、完成度の高い市販ハインドスピーカーでも、部屋が悪いと上手になってくれません。
低域のエネルギーが大きいだけに低音対策で苦しむことでしょう。
もっとも、超高級ハイエンドの所有者の方は、部屋までハイエンドにしていますので問題は、短期で解決していることでしょう。
超高性能のハイエンドスピーカーも全て同じ系統では無く個性があるので、メーカーの音の傾向で好き嫌いが出るのかもしれませんね。
俺は、ウイルソンオーディオ!また、違う俺はB&W、またはJBLなど様々ですね。
話がまた逸れました。(汗)

部屋の影響が出ますが、一つ良い方法をがあります。
音量を上げなければ定在波、フラッターエコー、ブーミングなどの影響は小さくなるで特にルームチューンは不要かと思います。
ラジカセ程度音量なら殆どのお部屋では良い感じで聞けると思います。
ただし、オーディオ本来の楽しみは薄れるますね。

明日は、荷の梱包をして広島行きの準備をします。
遠方ですが同じ趣味の持つ方々との交流は楽しみです。
オーディオは一人で行う趣味ですが、オフ会や他のお部屋への訪問は楽しく発見の宝庫。
仲良しグループは最高ですね。


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示