fc2ブログ

新作の模索

IMG_1894kds.jpg



新作の模索をしています。
漫画図を何となく箱の小型化を意識して描いてみました。
適当な図ですが、経験からこのくらいまでは許容の範疇でそれなりにまとまる予感をしています。
石田式BHBSは低音を伸ばす作業より、全体のバランスを取ることを優先していますので、バランスが取れたら副産物で良好な低音が伸びていた。
結果オーライなお気楽な自作スピーカー製作です。
その代わり、製作本数は増えますが作る楽しみはプラモデル感覚で製作に没頭が出来ます。


たまに、漫画図を掲載したりしていましたが、数値は面倒なので省いていました。
そのためか?
たまに、図面請求を受けることがありますが、全て方に教えているわけではありません。
と言っても・・・・殆どお知らせはしています。


今回は、試作の箱の漫画図ですが、斜材を省き直線カットで組み立てられるようにしました。
ユニットの取り付け位置は、1cmから2cm下げた方が良いかもしれません。
数値も入れましたが、参考にするのは自己責任でお願いします。
BHBSの名の由来は勘違いで名付けましたが、改名みたいなもので長年使われていると意味などどうでも良くてBHBS=開口部にダクトを設ける。
しかし、真新しい方式でも無くBH愛好家の方なら誰しもホーン開口部を塞いで量感の調整など行っています。
たまたま、雑誌のコンテストの作品
紹介の文章でBHBSと明記したので世に出た感じになっただけですね。


私事ですが、本日をもって完全にリタイヤをしました。
4月からは有給消化で出勤していませんでしたので本日で毎日サンデー状態は21日になります。
ただ、本日を迎えたことで知らず知らずに仕事上の緊張が続いていたようで、今までに味わったことの無いような開放感を得ています。
期限を決めない定年延長の身分だったので、会社には悪いことをしたような後ろめたさも少し残っています。
それと付随して、今まで使用していた携帯電話が会社の物だったので返納ししたためオーディオ仲間と友人たちには電話番号の変更のお知らせをしました。

・・・・・・するとオーディオ仲間の鉄人Wさんから連絡が入りました。
テストのつもりで連絡をしたとのことでしたが、久しぶりだったので少し会話を楽しみました。


最近、感じていることですが、自作スピーカーのサイトの激減を危惧していました。
コロナでオフ会の規制なども原因なのか?
FBの8cmクラブでは、記事の更新は頻繁に行われていて活発ですが、掲載する方は限られているので多くは無いと推測しています。


鉄人Wさんから、色々と紹介方法を工夫して自作スピーカー人口を増やすことに心がけてはと言われたが、面倒くさいのが本音です。
僕の出来ることは限られていますが、簡単に出来て量感豊かな低音再生が可能な箱をブログで紹介して行こうかと考えています。
一番簡単なのは、四角い箱の密閉ですが、小口径では全く低音が出ない!
サブウーファーを追加したくなるのが人情ですが、初心者にはハードルが高い。
次に、ダクトをスリット式にしたシングルバスレフになりますが、これも低音の量感はしれているしレンジの伸びは期待出来ない。
(シングルバスレフはウーファーなどの大口径向きですが、最低域が伸びない欠点があります。)

やはり、小口径の自作スピーカならBH系に限ると思います。
BHは複雑な仕切りが多いですが、自作スピーカー本来の醍醐味が味わえます。
初心者は、図太い音が出るのにびっくりするでしょう。
そして、だんだんに自作スピーカーにのめり込んで行く・・・・・・後は責任持てません。(笑)

机上の推論では前に進まないので、まずは簡単な箱から始められる手伝いが出来たら幸いと考えています。

話がまた大きく逸れました。
来週には、新作箱の試作が出来ると思います。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

jtさん

ありがとうございます。
自作は、やはり、郊外で無いと厳しいかもしれませんね。
ランダムサンダーを屋外で使用していたら、近所のおばさんの井戸端会議で、かすかに聞こえるように苦情を言えあれました。(汗)
それから、1時間以上掛けて西伊豆の家で研磨はしていました。
現在は、防音した専用小屋で研磨していますので楽になりました。

サッシは樹脂製、外部は断熱用の二重サッシ、インナーが6mm厚の金網入り強化ガラスで遮音は良いですが、超低音(バスやトラック)やサイレンはかすかに聞こえます。
ガラスの遮音が出来ない帯域を、サイレンは利用しているようです。

 

たてちゅうさん

ありがとうございます。
ただ今、東広島市にいます。
明日は、オメガの会さんのオフ会に参加させて頂きます。
コロナが、5類になったら・・・・借りられるかもしれませんね。

 

きたやまさん

明日は、よろしくお願いします。
ただ今、東広島市西条のホテルにいます。

 

リタイアおめでとうございます。という言い方はちょっと可笑しいのでしょうか。

私はkenbeさんがハイペースに箱を産みだし、失敗からリカバリする様子まで記事にされているのを見て、失敗を含めなんだか楽しそうだなと。そのまま沼にはまっていきました。
制作中に写真を撮って記事を書くだけでも大変でしょうから、読者としてはありがたいかぎりです。
kenbeさんがこの先のエンドゲームを存分に楽しむ様子を、こちらも楽しみたいと思います。

それにしても田舎は不便と思っていましたが、都会にいては中々自作するのは難しいのでしょうね…。おそらく自作どころかスピーカーで音楽を楽しむ事すらハードルが高いのかも…。難しい問題ですね…。

 

お仕事大変お疲れさまでした!

当方、会場借りられるようになったら
またオフ会再開する予定です。

 

kenbeさん

永らくお仕事お疲れ様でした。しばらくはご自身(や奥様)にご褒美を与えて差し上げて下さいね。
そして明日は、よろしくお願いします。

自作スピーカーは、長岡氏亡き後の方舟でコンテストが行われていた頃が、
皆若く、出版社、メーカーも熱意があり、ピークだったように思います。

近年は「スピーカーで(体で)」音を聴いてきた世代の高齢化による健康問題・
社会情勢による経済問題で、活動が制限される方が増えてきたのかも知れません。
メーカーや事業者も、個々はやりたくても会社に利益が出なければ行動に移せないですし。
「イヤホンで(耳で)」音をダイレクトに鼓膜に入れてきた世代は、
自作でスピーカーを作ってまで‥‥と思う人が多いのかなぁとも思っています。
大東建託のこれだけの台頭を見ても、木工作や音出しは環境的に無理かと。
(3Dプリンターならアパートでも自作は可)

でこぼこオーディオ試聴会も、2020年の第8回をもって終了したことを確認しました。
兵庫県で毎年発表の場を作ってくれていた存在も、失われてしまいました。

という訳で、私にとってオメガの会は非常に貴重な場所となっています。

 

あべさん

ありがとうございます。

明日から広島に3泊4日で行ってきます。
もちろん、一人旅ですけど・・・・

秋頃、妻が東北方面に旅行に行きたいと言っていますので、そのときにでも立ち寄らせてください。

 

ひでこん

ありがとうございます。

病に負けないで頑張ってください。
オーディオを末永く楽しみましょう。

 

お仕事お疲れ様でした。
毎日がサンデーは羨ましい限りですw
東北に来られる際は是非とも頼ってくださいね。
自作スピーカーのサイトが減ってるのは寂しいですね。ハイエンドがどんどん高くなっているので自作に流れるかと思いきや、あんまりそんなことは無かったですね。
サブウーファーの自作は意外とハードルは高くないと言うのは私は訴えたいです。ずっと記事を書こうかなと思っておりましたのでこの際、書いてしまおうと思いました。とはいえ私もまだ2つ3つ作っただけなので、もし変なこと書いてたらご指摘お願いしますw

 

リタイヤおめでとうざいます。長年お疲れ様でした。私はまだもう少しやりますが、そこまで辿り続けるか、、羨ましいです。この箱は作り易そうですね。何と言っても置く場所がないので、小型化は製作意欲がわきます。完成を楽しみにしています。