fc2ブログ

FR03E(8cmフルレンジ) 箱製作 1回目

IMG_2193.jpg

オフ会の合間を見て製作をしていた小箱(8cm級BHBS)が昨晩完成しました。
珍しくユニットを埋没式としています。
他の8cmの箱を暫定的に使用して素性の確認を済ませています。

IMG_2193kji.jpg

F特も高域に向けての上昇がありますが、この辺の帯域が持ち上がってもさして気にならない。
実音は聞いていないので、自分の判断で試しに1ペアを購入、そして4ペアをまとめて購入。
数が揃えば送料が免除されるが、1ペアーだと750円の送料がかかるので単品買い控えて何かと抱き合わせが良さそうです。
都内に住んでいれば直接訪問して購入できますが、地方ではままならない。

まとめ買いで示す通り、10cmも8cmも当たり商品と感じたので無くなる前にまとめて買った次第です。
商売をしているわけではないので、このくらいの数量が妥当でしょう。

IMG_2187.jpg

サイズは、横幅を変えず高さ変えて小型化を目指す。
マイナス20mmのH320mmともう少しでA4サイズにとどきそうですが、肝心の音は出すまで分からない。
残手箱では、低音の量感は大分余裕がありましたので、このサイズでも行けそうな予感をしています。
箱の小型化を目指すには、ユニットも小さくしなければ難しい現実がありますが、8cmクラスが限界と感じています。
小口径ユニットの難点は、空振り現象が起き易く対入力が小さいので大音量が出せない。
出しても歪んでしまう。
その点を留意しながらのユニット選びになりますが、FR03Eはこの点では良いように感じています。

さて、音出しが楽しみですね。


余談

伊豆のオーディオ愛好家のオフ会時は、その道のプロの方が2名ほど参加されていました。
お二方とも紙面では有名な方です。
色々な会話を飲みながらや車中ですることが出来ましたが、プロ中のプロは他の方が認めることはさることながら、
お二人とも思慮深く謙虚で能力をひけらかしたり、こうあるべきだとの意見は皆無でした。
非常に有意義な情報も満載で、本格的なオーデイオを進める方の指針的存在かと強く感じ入りました。
実るほどに頭を垂れる稲穂・・・能ある鷹は爪を隠すのことわざが思い浮かばれました。


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示