fc2ブログ

FR03E 試作箱 1回目完成披露






昨日のオフ会で、チョコさんより僕の空気録音が綺麗に聞こえるよと、お褒めの言葉を頂いていました。
ソニーのレコーダーをニアで置いているだけですよと伝え、誰でもニアで空気録音をすれば同じように取れると説明をする。
ですから、大層なことはしていないので、いい加減な空気録音と自己評価をしている次第です。(汗)

FR03Eの試作箱の1作目の完成披露は空気録音でした。

では呆気ないので、写真を少し載せます。

IMG_2225.jpg

オスモのウォールナットで下塗りをして、床用ワックスで艶を出しています。
最近では、仕上げはこればっかりです。(汗)

IMG_2231.jpg

暫定箱との箱のサイズの比較です。

IMG_2235.jpg

写真は、実物より大きく見えることが多いので、メインとの比較でサイズが分かると思います。

IMG_2220.jpg

バッフルとフレーム反射は音に悪影響がするとかしないとか?
理論的には細かい反射があるのでもっともらしい表現ですが、個人的にはプラシーボの域を出ていません。
まぁ~見た目が良いのでOKとしました。

IMG_2199.jpg

インシュレーターは安上がりなボンネットゴムを取り付けて完了。
箱の共振が、伝わり難くするには防振ゴムに限りますね。

IMG_2200.jpg

試しに吸音材を少量ですが、バックキャビに入れてみました。
結果は、分かっていますので単なる確認の作業です。

IMG_2204.jpg

矢印の部分に入れて試しましたが・・・・・・・とても音にならず聴くに堪えません。
言うまでも無く、ユニットを外して取り除きました。
リアの音の一時反射(定在波)は、斜めの仕切り板で解消されています。
強いて言えば側面の平行面ですが、そこはユニットのコーンを抜ける時には複数回反射を繰り返すので影響が出ないくらい減衰していると推測しています。
設計の悪い平行面の多い箱は、吸音材は必須になると思います。

IMG_2210.jpg

ダクトの面積および体積の調整用の詰め物は、発砲ゴム若しくは発泡ウレタンを使用ししています。
適当なサイズの切断をするのはのこぎりでは無くてカッターナイフで簡単に切れます。

IMG_2213.jpg

自室のダクトの面積は、H15mm×W130mmがベストです。
ですから25mmあるダクトに10mm厚の詰め物をしています。
暫定箱は、H35mmあったので20mm厚の詰め物をしていました。

それなら、最初から15mmの高さが良いではないのかと言われそうですが、環境が変わると低音の量感が変わりますので必要悪と言ったところです。


余談

コイズミオリジナル8cmフルレンジのFR03Eの印象は、非常に滑らかなF特性で安心して聴いていられますが、欠点は数時間エージングをしないと低音は割れたような癖が出ています。
時間とともに癖は取れて情報量も増えてきます。
今回で2ペアーの使用ですが、個体差があるのか音が落ち着くまで時間を要しました。
これから、どんどんと良くなるでしょう。

余談2

島元邸の機器のウーミングアップ
別名、スピーカーカンフル剤?



僕は、爆音派なので何でも無い音量でしたが、チョコさんとHさんは部屋の外に耳が痛いと退散をしていました。
島元社長さんも僕と同じで爆音派のようです。




コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ひでこんさん

音だし当初は酷くて参りました。
今は、良い感じですね。
小型でも応少し詰めます。

 

低域の締まりと力強さが出て来て、まさにBHBSの本領発揮ですね。