fc2ブログ

8cmで無謀にもオーケストラを再生

IMG_2475.jpg

無謀にも大好きなムターの奏でるヴィオリン協奏曲を8cmで再生したらと素朴な疑問が生じて空気録音を実施しました。
写真は、いつもの狡でニア録音をしています。
部屋の広さを利用した方が広がり感や残響の具合が分かるのですが、8cmだと音圧不足になります。
レコーダー側の入力レベルを上げれば済みますが、SNが非常になる悪くなります。
家の前の道はバス通りですので、流石にD60以上遮音性能誇る部屋でもバスなどの排気音のノイズを拾います。

今回は、反射棒をスピーカーの側面に配置して音の広がりを補うようにしています。
耳では分かりますが、空気録音で違いは出るか・・・・耳ほどの違いは出ないと思いますが雰囲気程度の違いは出るかと期待をしています。

余談ですが、写真左側手前のストレスレスチェアーは、北欧製です。
僕が購入したときには、オットマン付きで約33万円ぐらいだったのですが、同じ店の店頭で円安の影響か?
45万円超の値札が付いていました。
2年足らずで12万円の値上がりとは(汗)・・・・・・良い時に買いました。

IMG_2482.jpg

ステッカーの位置を元の位置に変更しました。(汗)


IMG_2421kjh.jpg

五嶋みどりさんも好きですが、より好きなムターの色気のあるヴィオリンのファンです。
もちろん、音源はDSD(SACD)です。
このDSDは、中古で万単位の値段が付いています。(驚)

音源は、DSD、CDPはアキュフェーズDP750、プリメインは同社E800から8cmを駆動しています。
(このコンビもご多分に漏れず値上げをしていますので、良いときに買いました。)

2,700円/本の8cmスピーカーには贅沢な駆動系ですが、少しでも1%でも良い条件で鳴らしてあげれば幸いです。
録音時間は、10分程度で諦めました。
最後の方にヴィオリンの良さが出ているのですが・・・・・流石に全部取るとまずいので・・・・・・(汗)












コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

Suzukiさん

クラシックの事や演奏者のことには、勉強不足でよく分かりません。

以前、ムターの演奏が好きですと話したことがあった時に五島みどりさんの方が良いと言われてから、何枚かCDやDVDを買い求めた時期がありましたが、結局、ムターに戻っています。

 

Mutter、みどり、懐かしい名前です。
以前Pittsuburgh Symphony Orchestraの定期公演で、この2名が2週続いたことがあります。
どちらが先かは忘れてしまいましたが。
Mutterは渋い曲を演奏して聴衆のノリはイマイチ。
みどりはメンデルスゾーンの協奏曲を演奏して会場が割れんばかりの大興奮でした。
アメリカ人はドイツ嫌いなのかな?日本も嫌いだと思ってましたが、と感じた記憶があります。
同じ曲を聞いたわけではないのでなんとも云えませんが、分かりやすく伝えてくれたのはみどりさんのほうでした。
随分前のことなので、今聞いたら印象も違うかもしれません。

 

アールefuさん


ご清聴ありがとうございます。

エージングで色々な曲を聴いていたら、8cmとしたら全般的に密度感有る音に聞こえてきたので、試しにクラシックを聴いてみたところ、いい感じだったので空気録音をしました。

ダクト+ホーン効果は、遠い昔、方舟でのコンテスト会場で、木彫シリーズで既に披露していました。
ホーンの造形が面倒なのとシンプルイズベストで最近では省いていました。

 

これは質感高く表情豊かでいいですね。
思わず最後まで聴いてしまいました。

低域も今までのBHBSの弾力のある低音と違って、
素直でスムーズな低音。
ホーンダクトの効果でしょうか。
低音の量感に捕らわれない、アダルトな魅力を感じます。