fc2ブログ

こんどうさんの録音 メイン vs 原曲 vs プレイヤー出力(ラズパイオーディオ) vs W8-1808空気録音



ブラインドで聞き続けると・・・!!?
音が突然変わります。

こんどうさんのコメントを引用

1.原音 (wav ファイル)
2.持ち込んだラズパイオーディオの出力をレコーダで録音したもの
3.メインスピーカーの空気録音 の比較で作ろうとしましたが....1~3であんまり違いが無い...びっくりです。
こんなの公開したら録音詐欺疑惑をかけられそうなので 急遽 比較対象として
4. W8-1808の空気録音 を追加しました。
  結局 3と4の差がいちばん大きくなりました(笑)

僕も今朝、拝聴してびっくりでした。
1~3の音質の差が僅差で、20cmフルレンジに変わった途端・・・・あれ?
メインの音質の調整は、いい加減な僕の耳で合わせています。
たまたまの偶然の産物と考えています。
メインの設定は変えない方が良さそうです。

こんどうさん、貴重なデーターをいくつも頂き大変感謝しています。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

tincan 様

 再度コメントありがとうございます。

1,1番目の井筒香奈江でしょうか? これは比較的録音良いんですが、音量が原曲から大きめです。
 WAVの波形見ていると 他ボーカルよりもミックスダウン工程でどうもコンプレッサが多めにかけてあるように思います。

2,まず、このラズパイ通過後の音は、録音のために アンバランス→バランス変換とフィールドレコーダのプリアンプとADCを通過していますので 直に他のDACで聞いたのと異なります。
 違いを調べようとすると 2台のラズパイDACを並べて順次録音すれば比較が出来ます。
 Allo BOSSはラズパイ界?ではポピュラーなDACなので いずれ機会がありましたら比較したいと思います。

4,今回は時間が無くて録音していませんが、単発サイン波や5波バースト波など短い波形でスピーカーを鳴らして マイクで収録したところのWAV波形を観察すると、振動板による分割振動やら共振に起因する付帯音は、音声信号に対してリアルタイムに重なり、バスレフポートや室内反響による付帯音は距離と音速の関係で 遅れて重なるので区分けできます。
 そうすれば よりわかりやすかったと思います。
 僕としてもBHBSのポートから出力する音波の波形と 振動板の波形を並べてみると面白そうだなぁと思いました。

 

こんどう様
手間暇の掛かったプログラムで有難うございます。追加の情報ありがとうございます。私も追加のコメを書かせていただきます。
1,原本は一番ハイファイだと思いますが、ヴォーカル域の中低音が膨らんだ印象です。ソフト自体がそうなっているのかもしれません。他のプログラムでは引き締まった声が聴けるので、プロセス効果で耳によくなっているのかもしれません。
2,ラズパイは会長のご指導で私も持っているのですが貴プログラムとは違う音がします。もっとドンシャリでダイナミックレンジの広いメリハリ感が感じられます。音楽ソフト,dacなども違うせいかもしれません(こちらはvolumio、BOSS)。優劣ではありません、これに一番驚きました。
4,20センチフルレンジは分割振動により付加的な音場感が発生しているのかと想像しておりました。なるほどポートからの漏れ音を忘れておりました。一度名人にポートを塞いだバックロード・バスレフを考えてもらわねばなりませんね(笑)
素晴らしい録音、プログラムで有難うございました。

 

こんどうさん

いつも、詳細なご説明に感謝しています。
こんどうさんの記事は、興味のある方が多くブログのアクセス数も多くなっています。
このような、企画は大変興味もありますし、面白い。
又機会があったらお願いします。

 

公開した動画に対するコメントありがとうございます。
 異なる視聴環境や、感性を持った方たちから いただいた感想、ご意見はとても参考になります。
 その上で それぞれに対する付加情報を記したいと思います。

1.原曲
  CDからリッピングしたWAVファイルで 44.1KHz 16bitの音源ファイルです。
 これをそのまま動画編集に挿入しました。

2,ラズパイオーディオの出力
 録音の経路を詳細に記すと
 原音ファイル→USB→ラズパイ→I2S DAC(PCM5122)→RCA→変換ボックス(トランス)→XLR→フィールドレコーダ Zoom F6
 となります。Zoom F6はバランス入力のみのためアンバランス→バランス変換しています。
 録音は 96KHz 32bit Floatで録音して Audacityで 音量調整のみ行い 96KHz 24bitに変換した上で動画に挿入しました。

 DA変換とAD変換しているので 当然 鮮度やSNは原曲より劣るので 違いがあり劣っているという指摘は正しいです。
 当然、1より良くなるはずが無く、劣化をどの程度で食い止められるかは 再生系や録音系の性能や設定の影響によります。

3.メインシステムの空気録音
 きたやまさんは現場に居たんでよくご存知ですが、ラージダイアフラムのコンデンサマイクを使ってますが、軸上から外れると音質が劣化するので かなりアライメントに気を使ってセッティングしました。
 ちゃんと録音できているか心配していたんですが、夜中にプレイバックを初めて聞いた時は鳥肌が立ちました。
 たくさん空気録音してきましたが これほど 2と近い音は聞いたことがありません。
 2に比べると RCAケーブル→アンプ→スピーカーケーブル→ネットワーク→スピーカーユニット→空気振動→マイク振動板→マイクアンプ→マイクケーブル→フィールドレコーダ
 という、多数の物理/電気変換等を乗り越えてくるので 劣化するのはあたりまえで 劣化をどれだけ減らすかがオーディオシステムの能力です。
 それに加えて、ほとんどのスピーカーは振動板の分割振動やら共振やらエッジからの音やらエンクロージャ内の音漏れやら部屋の反響等が混合した濁った音になります。
 石田さんのシステムはリスニングルームを含めて極めて高次元に仕上がっています。
 本来は2よりも忠実度は劣化しているはずですが、スピーカーの振動板の共振、2次、3次の歪等がミックスされた結果なので 聞きやすく、好ましいと思う人も居ると思います。

 半導体アンプより明らかに性能が低く、偶次歪が大きく、管内共振が多い 直熱三極管アンプの方が艶の乗った心地よい音楽が聞けるということもあります。


4.W8-1808スピーカー
 フルレンジスピーカーなので 3とは、アンプ周りの構成が異なりますが、空気録音としては同条件です。
 ただし、BHBSエンクロージャのため、ポートから放出された低音成分が部屋の中に放出され部屋を巡ってマイクから拾われます。密閉型のメインシステムより複雑な経路を通過するので残響が多い傾向になっていると思われます。

 

きたやまさん

僕のいつも言っている実音(耳で直接聞くダイナミックレンジ全開)の音とは、別の世界になると思います。

花火の録音を例に挙げると分かり易いかと思います。

 

kenbeさん。動画の公開ありがとうございます。

こんどうさん。視覚的にも大変分かりやすい構成に仕上げて下さり、かけられた手間に感謝いたします。
これは大変貴重で、多角的に勉強となる比較動画になったと思います。

聴かれた感想は人それぞれだと思いますので優劣には触れませんが、
ラズパイオーディオの導入を考えておられる方には参考になったに違いありません。

あえて付け加えさせていただくなら、これはあくまでニアフィールドでの録音ですので、
実際にkenbeさんルームのリスニングポジションで聴くW8-1808 BHBSの音は
(他のスピーカーもそうですが)
こんなものではなかった(もっと凄かった)ことを断言いたします。

 

tincanさん

詳細なコメントありがとうございます。
僕には、とてもここまで分析が出来ませんでした。
フルレンジ健在ですね。

 

アールefuさん

鋭いですね。
空気録音のレベルが高いのでなおさらですね。
僕は、漠然と聞いていたので20cmとの区別しか付きませんでした。(汗)

 

jtさん

WW8-1707の攻略が楽しみですね。

 

大変興味深い比較サンプルで聴き入ってしましました。
失礼ながら少し感想を述べさせて頂きます。主に[male a cappella」を聴きました。

1,情報量豊かでしかも暖かい。しかし音像クッキリ派には不満が出るかも。

2,上記の原本に比べ、全体に周波数特性表を横にずらした様な高音寄りのサウンド、よって音像はクッキリ。

3,原本を艶やかにした、オリジナルを越えるお色気あり。

4,ハイファイ的には他の三者より後退するが、独特の後ろに音場が広がる付加サウンドは余所で得られないもの。これは独立した価値を持ったシステムだと思いました。これがフルレンジの特性なのか?考えてみれば長岡教の方はライブソースが大好きだけれども、フルレンジ一発に固執していらっしゃるのもむべなるかな・・・
よく理解出来ました。

独善的聴き方なので、お許しください。しかし4者どれをとっても良い音なので、音楽を楽しむなら全て大満足です。すばらしい比較プログラムでした。



 

勉強になりました。
一番変化したのは、予想通り4でしたが、一番驚いたのは1と2の違いです。
1のwav原音に比べると、2は音場が少し狭くなりSN比が悪く、ノイズが乗っかる感じに、変化します。
細かい音場成分も消えている様な気もします。
3のメインはそれをかなり忠実に音波にしていて、2から3への変化が最も少なく感じました。
流石メインスピーカーですね。

 

うわー凄い。
原音に忠実な再生をするメインはとんでもないレベルですが、BHBRの残響も凄いですね。共鳴タイプから離れられない自分のような人がいるのは、これのせいか…。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1872-57ac8104