fc2ブログ

最近のイシダ式BHBS(動作はBH?)

1BHBS.jpg

前にも一度書きましたが、リタイヤしたら会社の名刺が無くなり、趣味の名刺のみとなりました。
リタイヤを機会に、名刺を刷新しています。
前の趣味の名刺と違い裏面にBHBSの構造も記載しています。

BHBSの構造図に注目すると、以前の構造とはかなりシンプルで直管のみとなっています。
小型化、簡略化など目指しながら試行錯誤=TRY & ERRORの繰り返しで名刺裏面の構造に行き着いています。
音道の簡略化はもとより、小型化を目指していたために空気室が小さく奥行きが浅い長岡式BHに近くなっています。

以前は、中域の充実を図り空気室を大きく取っていました。
結果は、ダブルバスレフ並の容積までなっていたと思います。
従って動作はダブルバスレフに近い動作をしていたと推測します。
なぜ?
空気室を大きくいたか?自分なりにその当時の記憶を探ると答えが見つかりました。
結論的には、使用するユニットが違っていたことが挙げられます。
当時は、FEを主にBHBS化していましたので、癖ある帯域の緩和で空気室を大きく取り、尚且つ使用板材も比較的柔らかく固有振動の少ないパイン系を好んで使用していました。
しかし、現在のユニットはFEからは慣れてバスレフ向きのQの高いユニット好んで使用しています。

これにも、理由があります。
過去に小口径ウーファーをBHBSに入れて再生したら、想像を絶する超低域過多でビーム放射的な低音になりました。
対策は、単純に箱を小さくすれば良いだけだったので簡単に改善はできました。
この時に、ピ~ンの来ました。
バスレフのユニットも箱のサイズを小さくするとBHBS化しても良さそうと確信したときから、BHBSの内部構造に変化が出始めています。
その後の、試行錯誤はブログ上に記録しています。
既成概念は、時として正解ですが、邪魔になる場合もあります。
既成概念=机上の上の空論になりがちと考えています。
既成概念を否定しているわけではないので誤解ないようにお願いします。
想像、推論、推測で物を言うのはNGで、全て結果はどうあれ具現化して実験するのが一番の近道と考えているだけです。

悪い癖で、本題から話が逸れてしまいました。(大汗)

空気室を小さくし奥行きを浅くした影響か?
最近のイシダ式BHBSは、BHの延長上の動作になっているようです。

最も、動作など大した事ではなくて実際に出ている音が、良いのか悪いのか?
F特なども部屋の影響で変わりますので、多少の凹凸があるのが普通ですので、出ている音の印象が最重要と考えています。

WバスレフだろがBHだろうが、どちらでも良く出ている音が全てですので、満足できれば何でも良いと考えています。

そろそろ、9時近くになってきましたので、裏の小屋に行ってシークレットの箱の製作に入ることにします。





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1894-1e0687a1