fc2ブログ

W8-1808大型BHBR ダクト調整後翌日

IMG_4071.jpg

自作スピーカーの楽しみ方との一つに調製があります。
何かを変えると音が当然ながら変わります。
昨日は、懸案であった低域の過多の対策でダクトの面積の変更をしていました。
色々と案を考えては実行しましたが、塩ビ管を125mmにしてダクト系のサイズダウンを行ったりしていましたが、芳しくなく調整法を色々と模索をしていました。
そこで、昨日のダメ元のスポンジに近い発泡製品の使用をしました。
結果は、嘘みたいに良い。
塩ビ管が悪いわけではないですが、滑らか過ぎる表面のダクトより凹凸のあるスポンジ系の方が聴きやすく感じています。
もちろん、ダクト面積の減少もあり、文句なしの再生音が戻ってきました。

なぜ?発泡ゴム系からスポンジ系にした理由は、単純にダクト内部のフィット感がゴム系は悪かったからで、多少のサイズ違いでも違和感無くフィットするスポンジ系(スポンジより強度はあります。)選択をしたいい加減な動機が、結果ALL RIGHTになりました。

一晩経ってのドンパチ系に試聴です。
BHは、F特上どうしても100Hzから200Hzの間に深い谷が出来ます。
BHはクラシックに向かないと言われる所以か?
ドンパチ系では、この深い谷が解像度を良くしているようで、パンチの効いたスピード感ある低音が聴けます。
スピード感というと異論を唱える方もいらっしゃいますが、物理的には5拍遅れぐらいの遅延はあると思いますが、ウーファーなども信号が送られて音になるには5泊以上遅れてからです。
個人的な印象では、スピード感は綺麗な中高域の影響と考えています。
スピード感は、感覚に寄る表現と勝手に解釈をしている次第です。



記事を書いていたら、20分も遅れてしまった。(汗)






コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1895-a9c1f510