fc2ブログ

MDFの解体は大変・・・・

IMG_4554.jpg

MDFの四角い箱に25mmのメルクシパインを1枚ないし2枚貼り付けてたので、1枚ずつ剥がしています。
これが大変で、MDFとの接着がしっかりしているためにMDFがめくれながら付いてきます。

IMG_4556.jpg

粗方のパイン材が剥がれたら、ジャッキアップしながら破壊を始めますが、MDFだと剥がれ方がおかしい?

IMG_4559.jpg

ジャッキアップしている様子ですが、これで調子が狂いますね。

IMG_4563.jpg

なんとか、1本の破壊が完了しました。
これをロープで1Fまで下ろして、小屋の卓上丸鋸で細かく裁断してゴミで出します。
さて、明日も夕方に解体を始めることにします。




コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

アールefuさん

当初、此の箱は試作で製作をしてウーファーの素性やクロスポイントの確認で使用していました。
その時点で、MDFの音の悪さを確認できましたが、箱のサイズが大きいので処分に困りました。
そこで、外側に25mm厚のメルクシパインの集成材を貼って誤魔化せるか?
メルシクパインを貼ったお陰で、ハイブリッドになったのか?質量が増えたのか?
結果オーライで、使用し続けました。
個人的な見解ですが、MDFだけなら使用はしません。
あの鈍い響きは嫌いです。
ですから、試作以外では使用していないのが唯一MDFなります。
ご指摘の通り、紙の層を見ると・・・・

 

MDFの残骸を見て、思うことがありました。

昔から安価な市販スピーカーの箱には圧縮ボードが使われていますが、古くなるとスカスカにふやけた様になりました。
MDFはもっと丈夫な材料だと思っていましたが、画像を見ると
「これは細かい亀裂が入っているんじゃないか?」と感じました。
大音量で鳴らしているとMDFの箱はパンチが無くなっていく様な経験があるのは、これなのかもしれないと。
気のせいでしょうか?

 

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1925-13b16ffc