fc2ブログ

アカシアの削り屑は臭い

IMG_5128.jpg

写真は、アカシアの収税材を木工旋盤で削り出したユニット用のリングになります。
最近はデザイン重視とリニアフェイズで良く採用をしています。
他に、バッフルに開けた穴を小さくする時に、襤褸隠し兼用で穴のサイズを小さくしたリングで調整をしています。

このリングの製作は、木工旋盤が無い時には自在錐で切断した円の縁をトリマーで加工してR加工をしていました。
しかし、サイズが小さいと危険で使用不可でした。

木工旋盤があるとその辺の危険は回避が出来て、研磨も簡単に出来ます。
そこで、30分程度で一つのリングが出来ますが、最近では弊害が出ています。

木工旋盤で出る削り屑から銀杏のような匂いがしてきます。
研磨の時には、集塵機が使えないので粉塵になった状態で、銀杏の匂いに近い悪臭がしてきます。
最近では、妻よりプリウスの室内が変な匂いがすると苦言を呈してきました。
確認すると、フロアーマットに削り屑がチラホラと見える。
掃除機を掛けるように伝えると匂いが取れたと言っていましたが、今度は僕の衣服が臭い?加齢臭より変な匂いがするみたいです。

作業終了時は、脱衣場にまっしぐらをして速攻でシャワーを浴びています。
ウォールナットも同じような匂いがしますので、広葉樹の研磨には注意が必要ですね。

明日、試しにメルクシパインで同じような物を製作すれば違いが明白になります。
一人で住んでいたら、気が付かないでいたかもしれませんので、臭い慣れは怖いですね。







コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1967-b48c410f