fc2ブログ

SACD vs CD

DSD(SACD)かCDかどちらが良いかと問われると、今まではいい加減な回答しかしていませんでした。
理由は、録音の状態で音質が左右されるためで、DSDでも元の録音が悪ければ聴感上はCDの方が良く聞えます。
逆に音源が同じなら、そのような理屈は通りませんが、中々、CDとDSDを同時に買う機会が少なくて実験があまり出来ないでいました。

IMG_5224.jpg

先月末に、グルメ兼オーディオ合宿を自室と西伊豆で行っていました。
その時に、アナログ、DSD、CD(録音の違う物)と色々な音源の聞き比べを行っていました。
アナログとの対決では、アナログの保存状態が良いとCD、DSDは全く刃が立たない状態でした。
音の密度では、アナログは他の追従を許してくれません。
しかし、手入れや音を出すまでの面倒があるので、どうしても、CD、DSDプレーヤー主導のオーディオライフ送っています。
その中でも、個人的にはDSDとCDは差別化をしていました。
ですから、DSDの盤は比較的多めに所有をしています。

オフ会の聞き比べで、ムターのヴァイオリン協奏曲のDSDとCDを聞き比べをしていました。
このCDは、大好きなのでCDとDSDを買って試していました。
結果は、DSDの圧勝ですが、あくまでも個人的な印象なので、オフ会で他の方の意見を伺いました。
千葉のKさんはCDの方を所有しているのか、このCD盤の印象は悪かったようです。

IMG_5225.jpg

試しに、CDから試聴、続いてDSDと聞き比べると全く印象が変わる。
DSDの密度感がアナログに近づくようで演奏まで変わったように聞えてくる。
この辺の感じ方は、他のお二人と同じ印象を受けています。
この現象はDP-750を導入してから顕著に差が現れるようになりました。
DP-750の表現力、再生力の賜だと思います。

そこで、試しに右のCDとDSD(の聞き比べをしました。
これも、DSDの圧勝です。
再生周波数なんて広がろうが狭まろうが気にせず、音数、密度感に差が出るDSDに価値を見いだしています。
決してCDが悪いとの意味では無くて、CDの優秀録音盤はDSDを凌ぐ物ありますので、あくまで音源が同じ物の比較になります。

CDでも録音(音)が良かったので、それ以上の音で聴けるDSD及びDP-750に感謝、感謝ですね。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

あべさん

秋田から、東京、伊豆とお疲れ様でした。
リンクの件は、大丈夫です。

 

ひでこんさん

考え方の違いだと思います。
DSDに比べて数量の多いCDですから、CDだけでも良いのだと思いますので、選択は正解だと思います。

 

事後報告になってしまってるんですが、こちらの記事のお話、私のTIAS報告記事の中に引用というか、リンクさせていただきました。(真ん中あたり)
差し支えありましたらリンク外しますのでおっしゃってください。
よろしくお願いします!

 

いやあ、本当に音の違いに驚きました。別の演奏じゃないか、と思ったくらいです。そう言う私はCD専用機しかありませんが、ディスクも数枚しかないので、コスパで選びました。BDプレーヤーの方でSACDは再生出来ますが、HDMI出力しかないし、5万円程度の機械では大した差は出ないでしょうね。音の入り口の重要さを再認識しました。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1974-36ac5e18