fc2ブログ

Behringer・DCX2496 デジタルチャンネルデバイダー

IMG_5318.jpg

ベリンガーのチャンネルデバイダーを使用するのは何年ぶりだろうか?
このデバイダーで3wayを組むことは可能なのですが、僕はLawのみで使用していました。
それも、40Hz以下のみでの使用でした。
チャンネルデバイダーに対して懐疑的な考えもあったので、音質重視でLCネットワークを使用しています。
最近、4wayなどに興味があり、LCネットワークでは物理的に厳しいと感じ始めていました。
そこで、ノイズの少ないチャンネルデバイダーが欲しくなり、アキュフェーズの製品に目を付け始めていました。
色々と考えて、先に4wayの構築を考えて現行品のDF-65を注文する経緯となったわけですが、新機種発売日が不明な上に、半年以上も前から製造中止の状態だったとは・・・他の業種では、普通、アナウンスが無い物は時間を掛けても物が出るのですが・・・・・

楽しみは後日にして、P-4600の有効活用を考えることにしました。
パワーもP-4500の90w(8Ω)から150wにパワーアップしている。
スピーカーユニット2本使いで4Ωとして300wでの使用なら、プレートアンプの500wにも電源が強力な分、プレートアンプより良質な低音が得られそうです。

DCX2496を見つめていたら、使い方を忘れている。
PC用のソフトも無い・・・・まずはノートPCにソフトをインストールしてから使い方を思い出しましょう。
20年近く前の製品ですが、PCに繋いでパネル操作が可能であり、接続のケーブルを長くするとリスナーポジションで音の調整が出来る優れものです。
確か、アキュフェーズさんの現行機ではそのような機能は付いていないと所有者の方から伺っています。
明日は、小型BHBSの箱を作ろうかと考えていましたが、止めてベリンガーとにらめっこになりそうです。
俗に言われるデジタルのノイズが気になるところですが、超低域での使用ならコイルでも入れて誤魔化します。
さて、寝て起きたらプレイの開始です。


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

JH1KOMさん


アキュフェーズのチャンネルデバイダーの発売日が不明な上、値上げ、値引きなしなので、その時の状況で断念するかもしれません。ベリンガーのデジタルチャンデバで事が済めばそのままかもしれません。

プレートアンプ 

プレートアンプを調べていてたどり着きました。システムの構築は楽しいですね。是非アキュフーズのチャンネルデバイダーの音を聞かせてください。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1985-10dbeb14