fc2ブログ

砲弾型エンクロージャー・・・・失敗続きで時間のロス

IMG_0515 (002)

ここまでするのに、大変な思いをしました。
やはり、図面を起こしてその通りにカット組立をしてから切削をしないと失敗する率が多くなります。
失敗の一番多いのは、削りすぎて穴が空くことです。
こうなると、その部分の前後を切断して新しいドーナツ状の板を交換して圧着、取り付けをして補修しなければなりません。
今回、適当に切削をしていたら4ヶ所も穴が空いてしまった。(汗)
疲れますが、そこは我慢して接着剤の乾燥を待って一からやり直しです。

そして、ネックの製作もありますので、結構面倒ですね。
形状を、逆ホーン状の砲弾型エンクロージャーでなく長さの無い楕円なら仕事は簡単ですが、逆ホーン効果が得られない。
シングルバスレフで、上手に鳴ってくれるユニットなら良いですが・・・・・面倒で悩ましいですね。(笑)

IMG_0517 (002)

塗装の乾燥を待つのみです。
明日の音出しは厳しいかもしれませんね。





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

力作ですね。 

きっと完全密閉型のこもった感じが解消されそう。
過去に輸入物でこれに小さいフロントホーンを付けて、箱に隠した構造がありました。製造中止してコストが安い非力なドライバが使えるバスレフに変わりました。

 

ひでこんさん


今回は、端材利用でいい加減な穴あきをしていたので、失敗続きで大変でした。
この形状の良いところは、逆ホーン化しているところだそうです。(他の方の測定結果)僕は、経験上でほぼ密閉に近い状態での息抜き程度が、ユニットの素性をそのまま出すように感じていました。

 

これはもう芸術作品ですね。置き台まで手を抜かないところが、どこかのキットと大違いです。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1990-d33d3b51