fc2ブログ

今、話題のスワン擬き・・・ウーファーをFE168SS-HPのBHBS化で活用?

IMG_5421.jpg

今、話題のスワン擬きは、少し前にFBの8cmクラブで砲弾型エンクロージャーの製作時にご紹介をしていました。
理由は、8cmクラブ他で親交のあるひでこんさんと千葉のKさん(ハンドルネームを忘れています。)のお二人のスワンのやり取りを拝見したことが起因して、製作をしました。

このお二人は、定期的に我が家に訪問されて様々なスピーカーの試聴をされていますので、そのうちの一つにでもなればと軽い気持ちでした。
フルレンジ+サブウーファーの組み合わせは、長岡先生の作品の中にもあったと思いますので、別段、真新しい手法とは言えないでしょう。

手持ちにSLE-20WのWウーファー使用の箱があったので、上部の砲弾型エンクロージャーの製作だけでシステムとしては簡単に完成をしましたが、上がフルレンジなのでクロスポイントの設定に難儀をしました。
ローパスフィルターの製作は面倒で、仮定のクロスポイント決めてそれから試聴して詰めていくという原始的な方法をとりました。
測定しながら追えばとのご意見もありますが、測定の値を見てしまうと自己の感覚がマスキングされて、自分の好みの音の製作が難しくなります。
自分が納得して、初めて測定で確認をしている手法は他の箱もすべて同じです。

本題からずれました。
現在、FE168SS-HPのウーファー用のBHBSの製作も有りかと考えるようになりました。
マルチの考え方ですが、高額なユニットでもすべての帯域が良いわけでは無く良いところ取りをしています。
ですから、フルレンジでも不評を買っているユニットでも、敗者復活戦に参加が可能になるかもしれませんね。

問題は、クロスポイントの模索とフィルターの製作で余計なお金が必要になります。
ただ、最低限の出費で良い音が出れば良いのでは無いかと思います。
特に、所有している未使用になっているユニットの再活用になれば多少の出費も浮かばれると思います。
製作途中の箱の製作が済んだら、ウーファー用の16cm級BHBSの製作をしたいと考えています。
書き忘れましたが、肝心の音圧合わせはバイアンプ化しないと難しいので、フルレンジとの能率が近いユニットと限定になる可能性があります。

IMG_5407.jpg

僕は、メインのウーファーの駆動で使用していたパネルアンプが不要になったので、このアンプの再活用を考えています。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

み)さん

大変なブラックな状態になっていますね。
仕事のし過ぎで過労死など成らないようにお祈りしています。ウーファーの漫画図は本日描きました。パネルアンプの使用でバスレフでもと迷いが出ています。

FE-168SS-HPのウーハー化 気長に待ちます 

石田さん お返事ありがとうございます。DAC30お譲りいただきありがとうございました。実は、梱包を解いたところまでで、取り付けの時間さえとれない状況が続いています。正月休みまでは何も出来そうにありません。毎日17時間仕事です。週末は娘の中学の吹奏楽指導か、学会出張か。2ヶ月に一日休養日がとれればラッキーな状況。業界団体の理事・中部支部長になっちゃったので、さらに忙しくなりそうです(涙)。

 

み)さん

現実逃避とは・・・・お仕事が相当に忙しいそうですね。

DAC30は無事に稼働していますか?
2ペア眠っているFE168SS-HPですが、暇を見てBHBSのサブウーファーも面白いと思います。
特に、チャンネルデバイダー経由P4600でドライブすると力強い低音が再生できる様な気がします。
目下、宮当番長を仰せつかり、1/17が過ぎるまで何かと忙しいので、それ以降になるかと思います。

FE-168SS-HPのウーハー化 

石田さん ご無沙汰しております。現実逃避でここに逃げ込んでいます。FE-168SS-HPをウーハーとして活かす。とても魅力的なお話しです。是非是非、モデルを作ってください。
現在使っているFE-168SS-HP + A925の組み合わせでも大きな不満はありません。その程度の音量でしか聞けないので。しかしながら、ひでこんさんの砲弾型+SWを見ていると小生も真似したいと思うようになりました。期待しています!

 

JH1KQMさん

デバイダーの使用は良い考えだと思います。
簡単にクロスポイントが探し出せると思います。
僕も、不要になったDSP付きパネルアンプをSLE20Wに取り付けようと考えています。

FE168SS-HPまたはAlpair11またはFF225WK 

スワンもどきの製作に着手しました。FE108solはとりあえずスーパースワンのヘッド+ネックで使用。ウーハー部分は、タイトルの2つのBHBS(製作者は別々)かダブルバスレフのどれかに、格安のチャンネルデバイダーベリンガーのCX2310を使い、108はスルーとします。Alpair11は、4ウエイのウーハーと、
切り替えて単独使用で大満足しているので、多分168か225だと思います。どちらが108に追従できるか楽しみです。

 

あべさん


プレートアンプの再利用は、サブのウーファーのSLE20-Wへの移設を考えています。
ベリンガーは、アキュフェーズのチャンネルデバイダーが発売になるまでの一時しのぎです。
来年度中には発売になるでしょう。?

 

>メインのウーファーの駆動で使用していたパネルアンプが不要になったので、このアンプの再活用を考えています。
プリ段からプレートアンプに入れた音楽信号を、ハイパス&ディレイを入れて高い域担当のアンプに戻すって繋ぎ方は試されたことありますか?
アナログ→デジタル→アナログで多少、劣化はあるのでメインに使うのは抵抗があると思いますが、やっぱりサブウーファーと上の帯域のタイミングが合うとスピード感が違います。
プレートアンプのアウトプットを上のアンプに繋いで設定アプリのHF outで調整するやつです。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/1993-ee1575a4