fc2ブログ

FE168SS-HPサブウーファー化 製作途中

IMG_5547.jpg

16cm級としたらコンパクトの箱になりました。
フロントバッフルは、15mm×4=60mmとしていますので、通常の箱より部品点数と板材の使用面積が多くなっているのが最近に箱つくりになっています。
写真は、昨日の夕方の時の様子ですので、今日は完全に接着が出来ていると思います。
これから、面取り、研磨して、いつものオスモで仕上げます。

ネットワークに迷いが出ています。
DPS付のプレートアンプを取り付けようかと考えていたのですが、プリアウトをすでに二股にしているので、これ以上は増やせない。
いえ、増やしたくないのが本音。
別の駆動系を設ける手もありますが、音質の劣化が気になると迷い始めています。
試しに、ありったけのコイルを使用して6dBで良いところ探しをするか?
最も、こんなことで迷っている時が楽しいですね。

IMG_5543.jpg

スピーカーケーブルも1本しか通していませんので、ネットワークを組む場合は、設置場所がありません。
外部に箱を設けて対応をするしかなさそうです。

さて、これから面取りを開始します。






コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

み)さん

年の暮れまで、忙しいのですね。
来年は、もう少し時間に余裕が出来ると良いですね。

仕事の手を止めて・・・ 

部下達が「佳いお年を」とみんな帰ったあと,一人仕事場でごそごそしていたところで,YouTubeの動画に気づき,日記にやってきました.感謝感激雨あられ.
もし,いま使っているBhBSにローパスだけかまして上に108Solのフルレンジを載せたらどうなるか,実験したくなってきました.

 

アールefuさん


150Hzあらりから6dで減衰させようと考えています。
あとは、いつものトライ&エラーで行きます。
DPS付きのプレートアンプなら、ダブルで密閉でも良さそうですが、コーン強度が気になるところです。

 

FE168SS-HPの低域だけを利用するのは、とても良さそうな気がします。
いかに6kHz以上を抑え込むかが、ポイントでしょうか。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/2003-d4efc9a6