fc2ブログ

ScanSpeak・2way+サブウーファー(Fostex・SLE-20W)

IMG_5986.jpg

All ScanSpeakではなく、最低域の45Hzから27HzまでをFostexのSLE-20Wに受け持たせてハイエンドの音の再生を試みます。
録音用に使用したソフトに超低域が入っていたので、SLE-20W4本が激しく空振りを起こして、一瞬!青くなりました。
密閉でWダンパーが信じられないくらいの振幅に驚き、デバイダー内のイコライザーの調整が必要になりました。

2wayオンリーでも、低域は40Hz付近まで再生していますので、通常の音楽を聴く分には問題はありません。
隠し味的に使用したつもりですが、Lawが伸びると印象は、変わります。
大型システムに音が変貌を遂げました。
完成度の高いシステムでも、ちょっとした隠し味で大化けする良い例でした。



途中で空振り音が出ているのですが、レコーダーが拾っているか?
瞬発的に過大入力も発生していたので、歪んでなければと心配にもなります。





余談

定位を重視すると良いのか?悪いのか?分かりませんが、ヘッドホーンを聴いているような表現をされる方がいます。
目の前で女性ヴォーカルが歌っているような定位を心掛けているのですが、声の定位する位置がおでこの辺りだと・・・・
ルームチューンの奥の深さも痛感しています。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

JH①kqmさん


デジタルチャンネルデバイダーでは、-48dBで切れますので、低音だけならLCを使うより安上がりだと思います。
低音の設定に不満を感じていましたが、現在はノイズも出なくなり、このままで良いかなと思うようになりました。

 

凄い極低音ですね。私もやってみます。コイズミ無線から12mHのコイルが届きました。これも点音源のウーハーでチャレンジします。いつもご指導ありがとうございます。

 

jtさん

>密閉特有?

密閉は、文字の如く密閉なので空気バネでユニットの振幅はバスレフより少ないです。
ユニットがエッジレスのため本来エッジがある部分から空気が漏れテイル状態なので、振幅が少ないような気がしています。
過大入力を入れての録音とチャンネルデバイダーをDSP化して使用して、20Hzを24dB持ち上げて6dBの下降スロープを組んでいル関係上、ユニットのF0を下回る過大信号が空振りの現象を顕著にさせていると推測しています。
後ほど、録音レベルを下げて振幅の様子をアップします。

定位は、テレビより50cm以上スピーカーを前に出せれば改善すると思います。

 

大迫力ですね!
密閉の経験も浅く、超大音量で鳴らすことがなかったので、空振りというのを経験した事がありません。密閉特有?なのでしょうか。どこがその音だったのかも気が付きませんでした(汗)

うちのメインはリバーシだからか、テレビのすぐ横にあるからなのか、定位は悪いですね。いわゆる巨大な口です。
リスニングポイントで落ち着いて聴く事が殆どないのでそれでいいと思っていましたが、寝室の8㎝で聴くと定位が良いので毎晩少しがっかりします。

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/2044-d975c6cf