fc2ブログ

根強く残るBHBSの誤解?

DSC_5765kj.jpg


https://member.jp.yamaha.com/event/2955

☆暫くは、上記のヤマハさんのイベントのお知らせをトップ記事にします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでは、MJ誌掲載の作品のカラー写真の紹介をします。

アラスタさんの作品になります。

https://www.youtube.com/@alastadiystudio4418



DSC_580736.jpg


DSC_5808.jpg


DSC_5809.jpg


アラスタさんは、S誌のコンテストでもお馴染みの方です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日の夕方に横浜のSさんから自宅訪問の打診があり、その時の会話の中で、気になったことがありました。
BHの開口部を塞ぐと閉鎖的な音になるなどと未だに言ってる方がいるような話でした。

バランスの取れたBHの開口部を塞ぐなど愚の骨頂です。
ですから、長岡式BHの開口部を塞ぐのはNGとこのブログで発信しているのですが、残念です。
独自の音道の形成が必要で、そこから得られる超ブーミーな低音をダクトで締めてバランスを取るのでそれなりに聞えてくるのです。

BHの小型化の実験に明け暮れているときに、小型でありなが超ブーミーな箱が偶然の産物で出来上がりました。
通常なら出来損ないのゴミですが、試しに開口部を塞いでダクト調整をしたら良い結果が出たので、今日に至っています。

紙面の紹介でもされているのですが、未だにこのような話が出るとは残念です。
出る釘は宇たっるの例えもありますが、今後も独自の音道を紹介しながら自作スピーカー愛好家が増える事を祈っています。
他に理解不明のようなご意見もありますが、理屈では無く出ている音で判断するのが自作スピーカーに醍醐味と考えています。
BHBSに限らず、色々な手法を試しながら試行錯誤して行くのが面白くて知らず知らずに積み上がる箱の山。

もう一つの誤解は、高額スピーカー専門に移行したように誤解をされているようです。
メインやいくつかの箱は、舶来品の高額なユニットを使用しています。
それは、ハイエンド自作スピーカーを名乗っていても、ハイエンド自作スピーカーを目指していなければブログ名が嘘になってしまうからです。
マルチ化も好きですが、それ以上に好きなのがフルレンジになります。
低音の出ない小口径フルレンジの低音を持ち上げてバランスを取り、大口径ユニットに迫る音作りも魅力的で癖になっています。
見た目を気にしなければ12mm厚のコンパネでも良質な音が出ますので、簡単な音道の漫画図でも披露しながらその手のコストの掛からない箱の製作も考えています。
といつもの独り言でした。





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://bhbs480.blog.fc2.com/tb.php/2071-34ab49dd