fc2ブログ

FE88solの再挑戦  【10cm真っ青な低音再生】

CIMG2706.jpg

低音の再生が凄いことになっています。
バスレフ向きのユニットの決定的な違いが出る結果になりました。
バスレフ向きのユニットは、強力な共鳴は必要でなく程々の共鳴で十分な低音の量感が得られます。
逆に少しでも共鳴が強く作用すると過多気味になり、調整不能になるケースもありますで、誤魔化しが出来ない。
逆にオーバーダンピングのユニットは、共鳴を強くしないと高域寄りのバランスになり、低音不足の細くて高域にエネルギーが強い音の傾向になりますので、必然的に箱の容積は大きくなります。
どちらが良いとか悪いとかでは無く、狙いの違いだけだと思います。
今回の実験は、8.5cmとしたら大きすぎる箱及びホーンロードの箱で、低音過多の状態でどれだけ制御が出来た低音が再生できるか?
FE特有の細くなりがちな中低音の改善が出来るかの実験でしたが、良い結果が得ることが出来ました。
現状の低音は、10cmを凌ぐほどの質と量感が得られています。
若干、過多気味とも感じるソフトもありますので、もう少し容積を小さくしても良いように感じています。
時間があれば、実験を実施したいと思います。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示