fc2ブログ

電気信号での音作り

1238974.jpg

実験の域を出ないですが、自作スピーカならではの面白い実験をしています。
箱の前後に同数のユニットを取り付けて、別々のアンプでドライブする方法の実験を行う予定です。
この方法のメリットは、前後のユニットの能率の違いもバイアンプで合わせることが可能となり、片方をサブウーファー的に使用してイコライザー使用でローブーストも可能です。

本来なら、口径の大きいものかウーファーを使用する方が有利ですが、今回は未使用では勿体ないのでこのような使い方になっています。
AVで使用を考えていますので多少の音色のずれは気にならないと思います。
ユニットの使い分けは、声の質ではFEに敵うユニットは少ないので必然的にフロントはFEに決めて、中高音をメインでフルレンジで再生。
リアは、低音の出やすいOM-MF5に決めて低音のみを使用することにしました。
気にあるところは、ローブースト化するので耐入力が心配になっています。

いずれにしても、やってみなければ良し悪しは確認できませんので、妄想を張り巡らせるのみです。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

おはようございます。
ただ今、千葉に出張中で放置状態です。

マルチと言うよりは、プラスサブウーファーになりますが、
一つの箱でやるので、変則なマルチと言えば言えそうです。
フルレンジから出る微量な低音が悪さしなければと心配です。

 

いわゆるマルチアンプですか?