FC2ブログ

耳にやさしいMAOP

2019_0303_125110-CIMG5392.jpg

久しぶりにシステムに火を入れました。
最初は、FEから試聴・・・・・・こんなに中高音が張り出していた?と思わせる鳴りっぷりに閉口してMAOPに切り替える。
少し物足りなさをと言うかもっさりた感じに聞こえてくるので、ツイーターを足してみると聴き易くなった。
耳が完全にリセット状態での感想です。
FEは小音量でも明瞭で目が覚める感じの音ですが、MAOPは小音量では寝ぼけ気味の音。
入力を入れると煩くなるFEと真逆なMAOPは、入れれば入れるほど明瞭になり、低域のパンチも効いて気持ちの良い音に変貌。
欲を言いうとMAOPは、もう少し中音の張り出し感があっても良いと感じます。
ユニットの前にショートホーンでも取り付けたら?なんてよこしまな考えがよぎります。
FEの低音も捨てがたいので、試しにFEをサブウーファー?なんて面白いかもしれませんね。
加齢のせいか?優しい音が好きな今日この頃です。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

マイクロ・トレーダーさん

コメント、ありがとうございます。

何事も試してみたいと分からないの発想からの考えです。

同時に慣らすとFEの低域の量感と下が伸びて改善されますが、音圧の違いでAOPの存在は、完全に消されます。

FEを1KHz辺りでクロスさせるとMAOPの中域の改善が出来そうな予感がします。
バイアンプでFEの音圧を下げて補助的(スパイス)的に使うのも面白いかも・・・だめなら、元に戻せば良いだけですので、遊びとしては面白いと思います。

 

「FE」と「MAOP」、同時に鳴らすとどんな音?
全くピュアオーディオ的な発想ではありませんが!

昔、長岡鉄男氏のスピーカーで、「ダブルバスレフの上部が回転式」になっていて、前後に異なるユニットを取り付けたものがありました。片方が前方でメインとなる時、もう一方は後方で音場を豊かにするサポート役に回るというもので…、入れ替えで2通りの音色を楽しめるというものでした。これも、全くピュアオーディオ的ではありませんが、なぜか心引かれる、心に残る作例でした。

ケーブル・メーカーのZ社の製品は、1本のケーブルの中で複数の線材をブレンドしてあるとのことです。Z社の社長曰く、「ダシも高級な料理になると、いくつか混ぜて求める味を作るんだよ、それと同じこと。」だそうな!?