FC2ブログ

簡易テーパー式ダクト

C51111234.jpg

石田式BHBSの音決めの中で最も重要なのが、膨らんだ低音?を再生する箱になりますが、その膨らんだ低音出す箱の音質【低音】を決めるのが、ダクトです。
20年以上、石田式BHBSに取り組んでいますが、当初のBHBSはBHに近い構造の箱だったように記憶しています。
ですからダクトは短めでダクト特有の癖を減らしても下が伸びていました。
しかし、経験を積むことにより箱のコンパクト化、ホーンロードの短縮化に伴い量感稼ぎにホーン広がり率の拡大と推移しています。
BHのホーン長が短くなると最低域の伸びが望めずに腰高な低音になりました。
もちろん、ホーン長が短くなると折り返しの回数が減るために、中高音がダクトから漏れ出す量も多くなったように記憶しています。
一時期は、この中低音の漏れの対策に没頭しましたが、漏れを限りなく減下結果は音が詰まらない音になってしまった。
BHに慣れ親しんだ耳は、生き生きした音が好みです。
モニタースピーカーでは無く、音楽を楽しむ身としては肝心な音を殺しては元も子もなく、ダクトからの中高音の漏れは必要悪と考えるようになりました。
考え方が決まると箱の設計も決まり、試作箱の量産が開始されて現在に至っています。

個人的に、マルチのメインシステムも所有していますが、良く聞いているのはフルレンジBHBSになっていますので、好みはBH派に属しているのかと思い始めています。

また、話が脱線してしまいました。
本題のテーパー式ダクトは、BHBSのホーンロードが短くなるのに連れて、最低域稼ぎダクトが長くなりました。
結果は、ダクトの癖が低域に乗り始めて来たので対策で面積をダクトの大きくしたり、短くしたりと試行錯誤が始まりました。
ダクトの面積を大きくすると癖の軽減、量感の増大と良いことが重なりましたが、最低域を伸ばすと必然的にダクトの長さが限りなく長くなる。
結果は、癖の洗礼合う。
ダクトを短くすれば、出来の悪いBHに近づく結果にと振り出しに戻る結果になってしまった。
しかし、最低域の伸びは欲しい。
試しにダクトをテーパーにして確認をしたところ、不思議とダクトを長くしても癖が感じられない?
最低域も伸びている。

これで、ほぼ問題は、解決した。

テーパー式のダクトは、メーカー製でも販売されていますが、ダクトの面積が限られているのでベストフォーカス的な調整は厳しい。
どうしても、自作に頼よわざるを得ない状況です。
メーカー製のように綺麗なテーパーは自作では無理ですので、階段式にフェルトシートを貼り付けて擬似テーパーダクトの構造にしています。
シートを、貼り付けているだけなので気に入らなければ剥がせば済みます。
そんな経緯で、最近ではテーパー式のダクトにしています。

しかし、問題点はもう一つ残っています。
これは、永遠の課題と思っています。
それは、フロントの音とバックから出る音の位相干渉です。
ピークの場合は、電気信号での調整は可能ですが、ディップは音波の打ち消し合いから発生しているので電気信号を強くしても、逆相の洗礼を受けます。
と理屈は理解しているのですが、どうにかして改善したとの気持ちが年々強くなっています。
位相反転の位相反転・・・・・ホーンロードの折り返しで反転しているような?していないような?考え始めますと頭がおかしくなりそうです。
ダクトの前にもう一つ部屋を作り、トリプルバレス風にしたらとか、無謀な考えも脳裏を過ぎっています。





注)早朝、書いていますのでほとんど見直しをしていない状況です。
誤字脱字、変換ミスは多々あると思いますが、適当に解釈してください。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示