FC2ブログ

OM-MF519 Stereo誌付録の実力




このサイズで頑張っていますが、少し低域は厳しいですね。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

アドバイスありがとうございました 

kenbe様 こんばんは
「音階の分かる解像度のある低音」う~む凄い!
私の同心型BHは「汽笛のような低音」になっている様な気もします。
空気室、スロートなどの工夫、それにもっと強度が必要だとも思いました。
さらに改造の余地があると教えて頂きありがとうございます。

見かけだけの面白さで音には自信がないので・・・コンテストはとても(汗)

石田式バックロード・バスレフ試作楽しみに見させてもらいます。

基本設計からオブジェ化 

のほほんさん

音の傾向から、推測した構造だったのですね。
空気室の無いBHを作っている方もいますが、シュミレーションで的確なサイズで製作をされているようです。

僕の場合は、音階の分かる解像度のある低音の再生を心掛けています。
共鳴で増幅されて得られる低音は、一歩間違えると汽笛のような低音になりますので、その辺を考慮して試作箱を作っています。

木工技術が素晴らしいので、ステレオ誌のコンテストへ応募すると刺激になると思います。

空気室とスロート(汗) 

kenbe様 動画も見て頂きありがとうございます。
安いデジカメで撮った動画ですから音の良し悪しは分かりにくいと思います。

空気室とスロート・・・ン??
あわてて調べてやっと意味が分かったのですが(汗)
スピーカーの後ろ側はスピーカー径とほぼ同じ内径60mmの管が50cm延びているだけです。
なので空気室はない?のだと思います。
スロートの容積及び面積は良く分かりませんが・・
ホーン奥の内径が125mmで奥行きが60cmホーン直径が41cm(ホーンの外径は45cm)です。
スピーカーは安価な61mmのフルレンジ(Richer-R 10W)です。

バックロードホーンの理論も知らず格好だけ真似て作ったトンデモスピーカーだという事が明らかに・・お許しを(汗・笑)^^:

 

N.Hさん

流石ですね。
実は、一般受けをする腰高で量感重視のダクト面積と長さにしています。
いつでも、ダクトやスロートの変更で元に戻せます。

 

kenbe様、お疲れさまです。
以前作られていたBHBSに比較して、最近の新しい音道のBHBSは、響きが少しバックロードホーン寄りな感じでしょうか。

 

のほほんさん

動画を見ていませんでした。(汗)
木工技術が、相変わらず素晴らしいですね。

素朴な疑問があるのですが、空気室とスロートの容積及び面積はどのくらいですか?
ユニットのサイズも気になります。

ありがとうございました。 

私のHPを見て頂きありがとうございます。
やはりヘンテコなスピーカーですし、動画では音がわかりませんね^^:
確かに趣味のスピーカー、木工なので何でもあり、自己満足が一番なのでしょう。
また、スピーカー作り覗かせてもらいます。

 

アールefuさん

昨年の付録の試作箱に入れて素性を確認してか519用に作った試作箱です。

土曜日にお客様が来るので、引っ張り出して音の確認を兼ねてブログネタにしました。(汗)
続編をアップします。

 

のほほんさん

コメントありがとうございます。
HPを拝見させていただきました。
木工技術が、素晴らしいです。
音は、推測の域をでませんので分かりません。
僕は、ダクト付きBH・・・・バックロード・バスレフなので音の傾向は違うと思いますが、趣味の世界なので何でもありだと思います。
今後の発展を楽しみにしています。

 

本当にこれがOM-MF519単体の音なんですか?
びっくりぽんです。
とてもバランスが良くて、低域の質感も高い。
40Hz辺りもしっかり出ています。
高域端とのバランスに合わせると、これ以上の低域の量は必要ないと思います。
欲を言えば、これで中・高域の質感が上がれば素晴らしいです。

はじめまして 

はじめまして
私は趣味の木工をしているのほほんと申します。。
数年前からスピーカー(と言えるかな?)自作をしている初心者です。
時々貴ブログを覗いて、勉強(理解力が不足してますが・・汗)しております。

作り出したのはスマホの音がラッパを通すと大きく変化することを知り、それ以後おヘンテコですがスマホラッパ(?)を作りはじめました。

しかし最近、少し真面目に(いやハイエンドの方にはお笑いかも)同心型バックルードホーンというのを作ったのです。
こんなスピーカー今まであったのか?また意味あるスピーカーになっているのか?と思っております。

音響・スピーカー理論に詳しくないので、ちょっとこわごわですが(汗)聞いてみたいと思いコメントさせてもらいました。
もしよろしければ感想などお聞かせ頂ければありがたいです。
スピーカー作りはローエンドなのでどうぞお気軽にお願いします。

私のHPは「のほほん木工房」と申します。
最新の日誌をご覧になって下さい。
またヘンテコラッパ(ホーン)という所を見て頂ければ、他のヘンテコラッパを見る事ができます。

 

HERAさん

コメントありがとうございます。
フォステクスの8cmより小さいような気がしますが、最近8cmと言われいます。
石田式バックロード・バスレフなら、箱サイズを大きくすれば下と量感は伸びます。
16cm級を石田式バックロード・バスレフにすると凄いことになります。

見た目で5センチ?と思いました;; 

見た目で5センチ?と思いましたが8センチなのですね(汗)大変失礼いたしました、しかし低音最低域はわかりませんが自然な良質の低音に乗せての中域と高域がとても8センチとは思えないです、良質な低音って大切なのですね。

 

HERAさん

コメントありがとうございます。
この箱は、5の試作箱を経て519用に箱を作りました。
久々に聴いたのですが、付録でも上等に鳴っていますね。

なかなかの音だと思います 

5センチのスピーカーですか?ちょっと情報不足しておりますがイヤフォンで聴いて「え?」と思い何時もの環境で聴き直しました。
このサイズで低音も震えてますし中高音も自然に聴こえてきます、元音源を知らないので若干不適切な感想だとはおもいますが驚きました。