FC2ブログ

オーディオどころではなかった1週間

3月31日の16時頃、母の入所している老人ホームから僕の携帯に連絡が入りました。
介護士さんか看護師さんかは分かりませんが、脈が早く弱いとの報告であった。
何回か同じような連絡を頂いていたので、翌日の4月1日に園に様子を見に行くために有休の申請をしていました。
自宅に帰って、そのことを妻に話すとすぐに西伊豆の園に向かわなくて良いの?と言われましたが、まだ、大丈夫だろうと言って明日に訪問を延ばしていました。

11時30分過ぎに就寝、寝たかなと思ったら携帯が目覚まし代わりに鳴り始める・・・・・時計を見ると0時40分であった。
内容は、心肺停止しているので、至急来て欲しいとの要請でした。
取り急ぎ西伊豆に向かい、病院での立ち会いを経て死亡診断書を貰いました。
園の紹介の葬儀屋さんも、既に母の亡骸の移動するために来ていました。
園の職員さんも手慣れた物で、時間の指示は的確ですね。
母の安置を見届けてから、三島の自宅にとんぼ返りをして色々な支度をして翌日に、また西伊豆に向かう。

坊さんの手配と土曜日が友引となっていたので、葬儀は土、日、の4月4日、5日で実施。
新コロナウイルスの影響で、お知らせは遺族だけとして葬儀場にも一切名前を伏せて、葬儀を行ないました。
通常なら、ホールの椅子は間隔が空いていないのですが、今回は1m以上離して設置して対応されていました。
母の葬儀の後も葬儀が連続で入っていて、椅子やホールを葬儀の度に消毒をしているようです。
新コロナのお陰で不義理をしたと思っていました。(汗)
周りからは仕方が無いとの温情を頂いていましたが、気持ちは釈然としないで悶々としていました。

それから、諸手続で役場通いで不備がある度に三島、西伊豆の往復。
未だに、書類集めなどで三島、西伊豆を往復しています。
相続も面倒ですね。
家は、三島にあるので不要なのですが相続をしないと法的に問題がありますので、仕方が無いですね。
まだまだ、暫くは西伊豆の家の片付けなど西伊豆に行かなければなりませんので、土日は忙しくなりそうです。

そんな折り、西伊豆の松崎町で新コロナ患者が発生!!
なぜと首を傾げたくなりましたが、その方は上野の花見に行っていたとか?
テレビで何度も放送されていたので、町の名が有名になります。
今になって、先取りした葬儀の行動が良かったと胸を撫で下ろしています。
それより、コロナ騒ぎで宿泊施設のキャンセルが出なければと心配にもなります。

そんなことで、当分はオーディオに気分が乗らない日々が続きそうですといつもの独り言でした。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

りょうさん

ありがとうございます。

 

たてちゅうさん

ありがとうございます。

 

この度は大変ご愁傷様でした
私も昨年でした
お悔やみ申し上げます。

 

この度は大変御愁傷様でした。
お悔やみ申し上げます。

 

Suzukiさん

連絡、ありがとうございます。
死んでから、もう少し面会に行けば良かった後悔が残っています。
コロナは恐いですね。
掛かったら、後を追うようにと言われそうですので注意します。

 

おおたんさん

倒れてから11年、最初の1年は病院から病院、特別養護老人ホームに10年介護されていました。
左半分の麻痺がありましたが、車椅子で園内に自由に動き回っていました。
時々、訪問、奉仕作業、実家の草刈りなどをしていましたので、肩の荷が下りたような気がしています。
暫くは、実家の片付けで西伊豆通いになりそうです。

 

TE27さん

連絡、ありがとうございます。
1ヶ月前までは、ピンピンしていましたので、1ヶ月を境に食る事が出来なくなり死に至りましたので、覚悟は出来ていましたが突然死が訪れたような気もしています。
少し時間もありましたので、孫、曾孫に何回か合わせることも出来ましたので、良かったかなと思っています。

春になったら、T27さんのい新システムの拝聴したかったのですが、お預けな状態です。
暇になったら、襲撃しますのでよろしくお願いします。

 

お母様のご冥福をお祈りいたします。
最近更新が途絶えていたので、心配していました。
私の母も高齢でもうそんなに長くないだろうと思います。
ご自身もコロナにはお気をつけください。

 

銀四郎お父さん

ありがとうございます。
西伊豆で、コロナの感染者が出ていますので、注意をしています。
体調は、今のところ大丈夫です。

ご愁傷さまでございます 

突然のことにお悔やみ申し上げます
私の母親は昨年ひと月くらいのホームの扱い悪く入院し、退院して次の週に自宅で亡くなりました
最後の看取りができたのは良かったのですが数年間の自宅介護に憔悴して今度は相続でまだ仕事終わりません
一時は自分が倒れそうでフラフラでした
まずご自身をご自愛されることからお供養が始まります
この時期どうぞお体に気を付けてお過ごしください

心よりお悔やみ申し上げます 

大変な時にご不幸が重なって 哀しむ時間もないようで 心中お察し申し上げます。いつかはと思っていても やはり突然にやってきますね。ご愁傷様です。

お悔み申し上げます 

親族がなくなると、悲しむ間もないくらい忙しくなりますね。新型肺炎の流行っている状況なので、くれぐれもお体には気を付けてください。

 

HERAさん

ありがとうございます。
今日も、書類の不備があって西伊豆を2往復してきました。
目鼻が付いたので、後は時間との勝負です。
いずれにしても、暫くは西伊豆通いが続きそうです。

お悔やみ申し上げます 

私も数年前父をなくし残る母のことで忙しい思いを経験いたしました、しばらくはお忙しいでしょうがご自身のお体だけはどうぞ大切になさってください。

 

チョコさん

まったくです。
同級生の親も介護で大変そうです。

 

きたやまさん

コメントをありがとうございます。
小林さんの返信でも書きましたが、今のところ、やることの多さに忙殺されています。
落ち着くと・・・・がっくりくるかも知れませんね。

 

日野の小林さん

1ヶ月ぐらい前から調子が悪かったので、覚悟は出来ていました。
今は、やることが山積みで感傷にしたっている余裕がないのが、本音です。
落ち着いたら、寂しさがこみ上げてくると思います。

 

大変でしたね。

お互いそういう年回りなんだよね。

 

kenbeさん

お母様には出来ることを十分されたと思います。
「その時」は、わからないのですから。

私は自宅介護でしたが、深夜に異変に気付き訪問医に電話で相談して部屋に戻った時には息をひきとっていました。
それでも、「同じ屋根の下に居ながら、傍におれなかった」と悔いが残ったものでした。

相続手続きは、一気に出来ないものはあまり気を張りつめず、気長に行ってください。
(親の親の兄弟まで遡り、すべて終えるのに私は6か月かかりました)

どうかお疲れがでませんように。

ご愁傷様です。 

一度ご自宅にお邪魔した日野市 小林です。
更新がないなと思っておりましたが、ご母堂の逝去だったのですね。御愁傷様です。
私も母がなくなった時には、心棒が抜けたかの印象がありました。相続も含めこれからお忙しいと思いますが、
ご自身の体を最優先に、努力されて下さい。
ご苦労さまです。