fc2ブログ

価格差10倍?石田式BHBSアカシア箱  FE103A VS KF1018A 

IMG_0518.jpg

FBの友達のKさんからのメッセージで、KF1018Aの音を聞いてみたとのお話がありました。
ただ、Kさんは非常に忙しい方の上、遠方なのでいつの話になるか分かりませんので、FE103A VS KF1018Aの録音で紹介して雰囲気でも味わえれば幸いです。
録音云々のご意見は色々とありますが、このブログ上は雰囲気だけ紹介できれば良いと考えています。
録音技術向上の場では無くて、純粋にオーディオ関連の様々事を試みたりして楽しんでいるブログで、行動をアップしているケースが多い日記みたいなブログです。

音源はCD-Rにしています。
PCからだとたまにピキとか音が飛ぶような感じになりますので、PCの音質改善をしてからPCは使用したいと考えています。

FE103A



この箱が一番相性が良いように感じています。

KF1018A



今まで相性が良いと感じていましたが、少し低音の量感が多いので箱のサイズを少し小さくした方が良さそうです。
この箱は、FE103A専用箱と言っても過言では無いように感じています。

価格差10倍の音は如何だったでしょうか?

余談

PCとDP-750のDACと繋がりましたが、面倒な事にDP-750の電源が入っているとPCに繋いでいるヘッドホーンから音が出ないので、都度都度DP-750の電源を切っています。(笑)





コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

アールefuさん

FE103Aは、値段は考慮しないで性能の面では良いユニットだと感じています。
上品で高級な音がします。
高音もツイーターとまで行きませんが、ツイーターの追加が脳裏を過ぎることはありません。
欠点は、値段と不必要な木箱・・・木箱を止めて金額を落とした方が良いのではと思います。

逆に金額を考慮したいのが、KF1018Aです。
馬力が10cm級では無いとの印象ですが、繊細な高域とは無縁ですので、良質なツイーターがあればと思わせます。

 

FE103A と KF1018A
これはお互いのために比べない方がよい様に思います。

高域のFレンジで圧倒的に勝るFE103A
でもDレンジは狭い。

圧倒的なDレンジで勝るKF1018A
でも高域のFレンジが足らない。
(足らないように感じてしまう)

相手の苦手なところが長所になっている感じですね。
難しい勝負で後は好みの問題と想います。
Dレンジが狭いのは悪いことではなく、気軽に聴ける「ドキドキしない音・人の邪魔をしない音」なのでBGMに最適。これが良い音なんだと想っている人も多いです。

でも音楽を聴くには「発見と感動」が欲しいので、Dレンジが広い程よい。生音に近い躍動感が感動を呼ぶ。

だから使い分けるのが正解ではないでしょうか
もちろん個人的感想です。

状況は見えてないので無責任なお話と受け止めていただきます 

PCとDACと言う関係上、サウンドデバイスはUSB-DACが優先してしまいますので他の音は簡単に言うと無視します
なので私はUSB-DACにHPAが付いてるのを選びました^^
他にも方法はあるのですがコストパフォーマンスが・・・
「ピキ」もしかするとアップサンプリングの影響でしょうか、私は以前再生ソフト上でアップサンプリングしたときに同じ様な状況を経験してます。
只、私個人の意見なのですがアップサンプリングは好みではありませんが。
いろいろ楽しんでみてくださいね^^