FC2ブログ

穴塞ぎ

スピーカーユニットの収る穴を大きくする事は容易に出来ますが、小さくすることは・・・・・少し考えますね。
簡単なのは、板を一枚フロントバッフルに重ねれば良いと思います。
今回は、フロントバッフルの横幅が狭いのでバッフル板を増やす事は、物理的に厳しい。
そこで、穴を塞いで仕切り直しをすることにしました。


IMG_1065.jpg

穴を塞ぐための板とその板を打ち込むためのクッションハンマーを用意します。


IMG_1060.jpg

ルーターで精度の悪かった穴を正円になるように削り込んでいます。


IMG_1066.jpg

板に接着剤を付けて、クッションハンマーで叩きながら板を打ち込んで行きます。


IMG_1067.jpg

フロントバッフルとほぼ平らになるまでで打ち込まれました。


IMG_1072.jpg

木工パテを使用して硬化するまで待って、研磨して平滑にします。


IMG_1074.jpg

2本ともパテを使用しました。


IMG_1070.jpg

襤褸隠し用の薄板を貼り付ければ下準備は完了します。

薄板もデザイン的に加工が必要ですが、肝心の正式な穴が分かりません。
65mmか70mmか?
雑誌の数字を見てから穴は開けます。
1ヶ月以上放置しますので、パテが完全に固まることでしょう。

Hidekonさん
まだ色々と対策はありますが、こんな感じで穴を塞いでから仕切り直しをしています。




コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

hidekonさん

フランクフルトかアメリカンドッグの串を適度な太さに削って、ネジ穴に接着剤を付けて叩き込み、適度のところで切断すればOKです。他に穴を大きくしてダボを打ち込んでも良いです。

 

このように作業するんですね。口径を合わせていくのが結構難しそうですね。

ちなみにスピーカー取り付けのねじ穴がバカになったり、スピーカー穴と通じてしまった場合の補強はどうされていますか?パテでやってみたのですが、ボロボロとくずれてしまいました。何かノウハウがありましたら、お教えください。