fc2ブログ

20cm級石田式BHBS完成

IMG_1289.jpg

オスモで塗装をしてから丸い1日以上、炎天下に放置して塗装及び乾燥、木の日焼け?を進めました。
お陰様で、塗装の膜は硬化してくれました。
昨晩に水研ぎをして、ワックスを施して完成しました。

IMG_1292.jpg

残るは、音の調整です。
音の調整は、ダクトを弄るのが最適で、あらかじめ用意していた18mm厚の板を2枚ほどダクトに入れてダクトの面積を狭くしました。
すると、不思議な事が起きました。
低域の量感が増え、ローも一気に伸びました。
単純に開口部の面積が大きければ量感が増えると思われがちですが、広ければ低音の量感が増えるとは限らず、狭くした方が量感が増えるという現象が起きています。
やはり、BHBSのダクトには色々な要素が秘められているようです。
現在のダクトの面積は、約242c㎡で、ユニットの公称面積は220c㎡です。
もう一枚、板を足して面積を約189c㎡にすると、今以上に良くなると推測していますが、肝心の板がありません。

低音の量感と質が改善されてくると、全体のバランスにも変化が生じます。
ユニットの評価が変わってくるから面白い。
高域の煩いユニットの方が、抜けが良く聞えるのは当然ですが、バランス的に良い感じで鳴ってくれます。
FEも箱の量感が、ユニットの特性に追いつけば良い感じで鳴ってくれるのでないでしょうか?
現状では、広く距離が取れるお部屋でハイ落ちにさせないと聞きにくいユニットのイメージも払拭されるでしょうから残念ですね。

安部さんがW8-1808にツイーターをプラスした心境が理解出来ました。
やはり、W8-1808の場合は箱のサイズを2割ほど小さくすると良い感じになるのではないのかと推測をしています。

後は、DCアンプマニアさんの好み次第で、どちらのユニットに決めるかです。

いずれにしても、どちらも、良い感じで鳴っていますので心配はないです。
音の傾向は、W3-1878、W4-1879の音質の系統の美音系ですが、面で押し出す質感と大音量時のド迫力が違います。
オーディオを趣味にしていて良かった感じた次第です。

本日も、伊豆方面の道路事情もありますので、早めに西伊豆に向かい新盆の支度をしたいと考えています。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

N.Hさん

頼まれて製作をした箱なので、塗りを1回増やしました。

 

つやっつやで気合い入ってますね。

 

DCアンプマニアさん

専用スピーカー台は、どうしましょう。

 

dcさん

音の保証はいたしませんが、ペアーで50万円になりますので、よろしくお願いします。(大笑)

流石! 

素晴らしい出来栄え!
流石、予想以上です!

 

Hidekonさん

手探りでの製作でしたが、KFの箱を参考に低音再生の効率を優先して製作をしました。
狙いというか?テストの山賭けというか山が当たりました。

TBの高級ユニットの音は、素晴らしいの一言です。
メインほど図太くは無いですが、メインで押し出す中高音が良いですね。

pulvia16cmは、実質15cmなので迫力の面と大入力の時の安定感は、引けを取ります。
中音量なら良い感じも知れません。

コロナ禍でも伊豆道路は、混んでいます。
と言っても、行きは9日に比べると混んでいませんでしたが、土肥、堂ヶ島のホテルは満室状態を思わせるほど車が停車していました。
車のナンバーも品川、世田谷、練馬、横浜、湘南が多かったですが、人口比で言ったらほんの一握りの人たちと思います。
コロナ禍も気にしない人には関係ないのかも知れませんね。

 

完成おめでとうございます。うちにあるpulvia16cmとは大分迫力が違う感じでしょうか。コロナ禍でも伊豆道路は混むんですね。