FC2ブログ

OM-MF4 ゴールしたつもりが・・・・

IMG_1450.jpg

OM-MF4は、昨日の試聴でゴールをしていました。
午後より、暇になったので何気なしにOM-MF4の箱を見ていたら、出来映えが今一しっくりこない。
どうも、DCアンプマニアさんの箱を作ってから、艶に拘りが出てきたようです。

そこで、箱の表面を600番の水ペーパーで研ぎ出して、再度、ワックスを塗り込む要領でオスモを塗り込みました。
天気が良いので2時間ほどで乾いたので、再度、1000番水ペーパーで研ぎ出して、同じ要領でオスモを塗り込む。
乾燥を待って、1500番の水ペーパーで研ぎ出して、床用のワックスを塗り込んで塗装は完了しました。

IMG_1449.jpg

インシュレーターを取り付け。
金属のインシュレーターは、骨振動で音を伝えます。
個人的には伝えたくないので、柔らかい素材をインシュレーターとして使用しています。
音の伝播の良い例は糸電話で、糸を緊張させて振動板に当るコップの底の面を振動させて音を伝えています。
糸の緊張を緩めると音は伝わりません。
緩めることは、柔らかい素材に相当しますので、積極的に床や他の素材を共振させるなら硬い素材が良いですね。

IMG_1454.jpg

低音の量感が少し増えてきたので、ダクトの内部にフェルト仕込んで面積を微妙に調整しています。
2wayや3wayなどでウーファーを使用する場合は、必要悪の吸音材を使用しますが、フルレンジでは極力使用はしたくない。
ダクトからの中域の漏れ込みの音でも、個人的に良ければ特に何もしないことにしています。

箱のエージング、ユニットのエージングは済んでいませんが、ピアノを録音しました。
本当は、DCアンプマニアさんから借りているマニア専用のマイクを使用したいのですが、セットが今一分からない。(汗)



高級10cmを聴き慣れている耳では、役不足の感があるOM-MF4ですが、6cmと言う枠を設けるならば話は変わってきます。
低域は、8cm並にでいて、嫌な音は皆無、細くなりがちの中域も密度感があり良好。
6cmとしたら非常に完成度の高いユニットだと思います。
30分も聴き続けると、このユニットで十分のような気がしてきます。
値段も考慮すると非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。

全てのフルレンジユニットに言えることですが、箱の出来映え遺憾でユニットの評価が大きく分かれます。
OM-MF4は、6cmとしたら非常に出来の良いユニットと感じていますので、ビルダーは腕の見せ所ですね。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示