FC2ブログ

秘蔵っ子の13cm級石田式BHBS 披露

IMG_1516.jpg

写真は、TangBand W5-2143を使用した石田式BHBSになります。
Wの次に来る数字は、口径を表しているようで、W8は、20cm W4は、10cmと言った具合です。
W5は、5吋になるので12.5cmになると思います。
他のメーカーの公称サイズに直すと13cmになると思います。

石田式BHBSも13cm付近から、音の纏まりのハードルが上がってきます。
実は、この箱も1ヶ月近く2Fの部屋で放置していました。
ダクトの選定を間違えて、思い通りの音にならなかったの原因でしたが、箱のエージングを疑って放置をしていました。
そこで、午後から本格的な音作りの調整に入りました。

調整
①空気室の容積を変更、板を複数枚空気室に貼り付けて1.5リットルほど容積を少なくしました。

②吸音材の使用、最終ホーン部分の容積を少なくするために行ないました。

③ダクトの長さの変更、長いとローは伸びるが癖が出やすいので、短くした。

いずれも、低音の締まり、質の改善で行ないました。
ほぼ、狙い通りに進みました。

フルレンジ全般に言えることは、密閉若しくはシングルバスレフだと俗に言われる低音帯域の量感が少ないので、音全体が痩せて聞える傾向になります。
特に、容積は少ないとこじんまりとした音になります。

TangBand W5-2143もバスレフ向きのユニットですが、シングルバスレフでは高域の煩い線の細い音で、工夫をしなければ個人的にはゴミ扱いになります。
フルレンジは、低域を如何に補えるかでユニットの真価が決まります。

好評のTangBand高級フルレンジのW8-1808もシングルバスレフだと真価は発揮できずに、38cmをダブルで補強している写真を目にしています。
箱で低域を補うか、ウーファー追加して補うかになります。

話題の付録OM-MF4も同様で、それなりの箱を用意しないと評価が悪くなります。
個人的には、519より質は良いと感じています。
口径が8cmには及びませんが、箱の工夫で低域は何とかなります。
ユニットを生かすも殺すもビルダーの腕に掛かっていますので、ユニットを生かし切れないで評価が落ちてしまうのは非常に悲しいですね。

話が、脱線しましたが、このクラスになると、低域の出方はメインと良い勝負をするようになります。
まだ、中域の線が細いので空気室の容積を変更しなければなりませんが、作り立てに比べて合格ラインまで向上していますので、今後が楽しみです。

IMG_1519.jpg

10cm級が、おもちゃに見えますね。【笑】


コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ひでこんさん

量感そのものはあまり変わりません。
押し出す低音感に違いが出ます。

柔よく剛を制すとありますが、同じ教えを受けた者同士が試合をしたら力ある者が勝ちます。

少し箱は大きすぎたかと思っていますが、高さを90cmにすると大分スリムな箱になると思います。

 

こんなに大きさ違うんですね。13cmになると10cmより低音の迫力違いますか。