FC2ブログ

FOSTEXさんの底力!!・・・・SLEー20Wを今の技術で復刻して欲しい

IMG_1795.jpg

40年以上前のフォステクス?フォスター?さんのエッジレスウーファーのSLE-20Wです。
当時は、高校生だったので手が出せずに、締まりの良い重心の低い低音に惚れ込んでいましたが、高嶺の花で購入することは叶いませんでした。
購入が出来る立場の時には製造中止だったので諦めていましたが、古舘さんの形見のデッドストックの4本を頂だいた縁で使用しています。
前にも紹介しているhttp://bhbs480.blog.fc2.com/blog-entry-584.htmlので、今更なんだと言われそうですが、最近、YouTubeの録音で条件の違う状況での同じソフトを聴く機会がありました。

そこで感じたのは、SLE-20Wの潜在能力の高さでした。
低音の出方が、他のシステムと全く違う。
比較的に下が伸びているBHBSでも下の伸びも質も敵いません。
締まりの良さが抜けの良さに繋がっていると思いますが、FW208では得られなかった低音です。
密閉が幸いしているのかも知れませんが、通常の20cm級のウーファーでは到底得られない再生力に感心しています。

エッジレスと言えば英国名機GOOGMANS AXIOM 80が有名です。
エッジレスは、F0が比較的に低いので箱の工夫無しで27Hzから凹凸のない特性が得られています。
理由は、機械的サスペンション(エッジ)がなくなったので直線性が優れているので、歪のない澄んだ低音が得られていると思います。

今一度、アルニコの復刻ユニットを出していただきたいと熱望します。



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

HERAさん

ご指摘ありがとうございます。
多少のクリアランスの違いはありますが、許容の範疇でした。
写真の角度によって差が強調されているようです。
下部のユニットは、逆にクリアランスが広いように感じます。

ちょっと気になることがあります 

この投稿のSLEくんの上のユニットですがコーン紙とフレームの隙間が上が多く下が少なく見えます。
写真の撮し方でそう見えるのであれば良いのですが、もしかしたらと思いコメントいたします、私の見えた事が間違いないようなら取り付けを上下逆にしたほうがと思います、確かこのユニットはダンパーを二枚使って振動板を支えてるので・・・ちょっと写真を見て気になったので一言コメです~^^

 

HERAさん

FLATシリーズは、懐かしいですね。
同級生の兄さんが25cmの市販品を所有していたのが思い出されます。
AXIOM 80も復刻すれば売れるでしょうね。
現在の技術とのコラボでSLE-20Wは、是非!復刻していただきたいです。

おじゃまいたします^^; 

私は届かない世界ですが
今回のKenbe様の投稿には共感します
まさかのAXIOM 80が出てくるとは思いませんでした
SLE君はエッジレスなので経年変化も少ないと思います
この様なSPユニットは名機ですが確かに新しくリニューアルとか復刻版で出てほしいものですね~
白状しますが^^;
ちなみに私は今でもコーラルのSPユニットへの思いがあります。
FLATシリーズや同軸コアキシャル?とかお世話になりました^^