FC2ブログ

マークオーディオ製品を使用した経緯

今年も、stereo誌主催の自作スピーカーコンテストが12月に開催されます。
ユニットは、スキャン以来の海外メーカーのマークオーディオです。

このメーカーのユニットは、当初、個人的には、食わず嫌いで何年かは見向きもしなかったメーカーでしたが、音工房Zさんでラウンドバッフルのバスレフ箱にAlpair7?との組み合わせで販売をした経緯で興味が湧いていました。
しかし、その時には触手が伸びるには至りませんでしたが、suzukiさんの紹介でタンバンのローコストユニットを騙された(失礼)つもりで購入。
その音の良さに考えを改めるとともに、今までの概念を払拭されました。
この時が、確か?石田式BHBSでバスレフ向きのユニットを始めて導入した瞬間だったような気がします。

オーバーダンピングユニットに比べると箱が小さく出来ることに加えて、最低域と量感が比較的に効率よく出ることです。
しかし、過多になる可能性も秘めていますので、もう少し研究が必要かと考えていました。

その後、Alpairの音を聴く機会があり、過去にコニさんから預かっていたMAOP10の上質な中高音のことを思い出し、これならタンバンより上質な音が望めるのではないかと思い、導入を決意。

最初は、Alpair6からだった思いますが、その後10へステップアップして小康状態が暫く続きました。
そしてPluvia11の登場で、また、箱の研究が進む。
3セットも作り、結局、最初に製作した箱に落ち着く・・・・このメーカーのユニットと箱の相性の勘が当たり始めている。

その後、追い打ちをかける様に、群馬のkさんにAlpair7の箱の製作を酒の勢いで快諾して・・・・酔いが醒めて後悔(笑)
ユニットが良いだけに試作を作ること4度も・・・・(汗)
4度目の正直で、何とかご本人に手渡しています。
なんだかんだ言っても、楽しいひと時であり能力の肥やしになりました。

そして、真打【MAOP11】の登場で現在に至ってます。

コンテストを意識すると案が2つに分かれます。

①BH、BHBS、共鳴管特有のユニット前後の音の位相のずれによる位相干渉の改善があります。
これがあるから、好きだという方もいると思いますが、箱屋としては改善するのも音質重視かと考えています。
過去に、一度はこの問題点を改善していますが、掟破り的な面もあるので一度使った手はと思い控えています。

②前面の音の工夫・・・・・非常に難しいが案は浮かんでいます。

☆問題はデザイン性と付属品をどうするか?インシュレーター、サランネット、他
高級市販品を意識したデザインか・・・・・やり過ぎると???になるし、手を抜くと昨年になる。
匠部門は、やり過ぎぐらいで丁度良いのかもしれませんね。(汗)

と妄想をしています。
この妄想が楽しいひと時ですね。
妄想を具現化して音が出るまでも何百回と経験しても、気持ちは初心に戻ります。
やっぱり、グダグダ考えるのは性に合いませんので、トライアンドエラーの精神で実践あるのみですね。(笑)

毎年、恒例のお祭り

CIMG3719.jpg

出張前日の移動で、長野県の上田市に来ています。
写真は、ルートインの7Fから上田城方面?を写したつもりですが・・・・・

毎年、恒例化してきている月刊Stereo誌主催の自作スピーカーコンテストですが、これは自作スピーカー派の一種のお祭りではないかと思います。
勿論、主催の音楽之友社も商売ですから、雑誌・・・・付録が沢山売れれば業績は必然的に良くなります。
読者としても、なんだかんだと言っても胸躍るイベントの一つかと思います。
最近は、一般部門のレベルも高く初心者には少し敷居が高いのかなと心配にもなります。
この付録の企画で、初めて自作スピーカーの世界に足を踏み入れている方も多いかと思います。
音質が云々、デザインが云々、木工技術が云々と敷居を高くしている面がありますが、オギャーと生まれて最初からプロはいません。
最初は、誰でも初心者です。
まずは、作る喜びを味わい、徐々に難しい物に挑戦すれば良いだけです。
すると、機器類もグレードアップを考える様になり、オーディオと深い関係になります。
自作で面白いことは、自分で妄想したデザイン、方式を具現化して楽しむことです。
適当に箱を作ってユニットを入れて結線をすれば音は出ます。
この音が出た瞬間が、我が子の誕生のように嬉しく感じる瞬間です。
あまり難しく考えず、作ることをお勧めします。
最初は、興味のある方式のキットなど購入すると楽かもしれませんね。

また、本題と話がそれました。(汗)

ブログの影響で、suzukiさんを釣り上げてしまったようで、コメントの様子では付録を4セット頼んだような・・・・(汗)
僕も、責任を感じて?追加で2セットしましたので、計4セットの予約になり、2万円以上の散財になりました。(笑)
片ch4本使いは、難しいですね。
時間があるから、今から妄想を続けます。
今年は、時間をかけて製作をするつもりで、応募することに意義があると思っています。
みんなで応募して、お祭りを盛り上げましょう。

余談
ブログのオープン化の最大の理由は、自作スピーカー初心者の方やこれから始めたい方のため少しでも参考になればとの想いと自作スピーカーの愛好者人口を増やしたいとの想いです。
難しいことは不要です。
理屈や妄想は不要で、実際に箱を作って音を出すことに意義があります。
音質など二の次で、失敗など気にしないで世界にたた一つの自分だけのスピーカーを作ってみましょう。

2018年stereo誌付録・・・5cmから8cmに・・・???

月間ステレオ誌のブログを見ていたら、今年の付録のMarkAudioのModel OM-MF5の紹介を、代表者のMarkさんがYou Tubeで述べていました。
質問をして方は、代理店の社長さんの声のようですが、不明。

You Tubeから





2セット注文を入れていますが、良かったらもう2セット買う予定ですが、案が纏まらなければ2セットのみにします。
審査基準が、どの方向なのか?
工業製品風にLCルーターで削りだし、旋盤でリングやベース、インシュレーターの製作までするか?
それでは、自作スピーカーの枠を超えてしまいプロの作品になりますね。(笑)

付録は、このユニットに思えてならない?
5f.jpg


付録の予約

stereomarkaudio.jpg

アマゾンで、2セット予約をしました。
書店でもう2セット購入出来たら、コンテスト応募を考えます。
但し、片チャンネル4本使いは箱が大きくなり過ぎます。
もう少し、考えた方が良さそうです。

閃き!  OM-MF5の料理法

CIMG3502.jpg

昨日のコメントで、マークオーディオ国内代理店のFidelitatem soundの渋谷様より、12月にコンテストが開催される情報を頂いてから、久々に閃きがありました。
閃きと言っても昔からある方法で、今まで活用しなかっただけなのですが、無性に作ってみたいという欲求が湧いています。
ただ、問題がレギュレーションの内容が分からないので、もう少し、足踏みをしていなければなりません。
昨年は、試案も時間も掛けずにマンネリの作品でコンテストに参加、一般部門のレベルが高いので匠部門が今年はあるのかどうかも不明ですが、時間を掛けて相当な箱を作らないとコンテストに参加の切符は難しいのではないかと推測されます。

12月のコンテストということは、締め切り期日は昨年と同じころの締め切りが予想されます。
昨年のコンテストの基準が市販品の傾向なのでハイエンド風のデザイン、ネット、インシュレーターなどの付属品の完成度を高めるか、それとも音そのものを良くするデザインで攻めるか読み切れません。
それとも、工業製品並みの見た目の精度を上げたモノにするか、民芸品風にするか・・・・デザインは迷いますね。
ろくろを使ったものも面白いですね。

何れにしも、今後のstereo誌の案内文が気になるところです。
低音再生の難度は低く扱いやすいユニットと推測していますので、低音の量感より質での勝負になると勝手に思い込んでいます。
中高音は、間違いなく良いと思いますので、低音さえ何とかすれば音は纏まるよう気がします。
楽しみが、また、一つ増えました。

2018年Stereo誌付録の件

huroku
写真をお借りしました。

Stereo誌ブログを何の気なしに拝見すると、今年の付録スピーカーの記事が載っていました。

http://stereo.jp/?p=3146

写真は、プロトタイプだと明記されていますが、外観は今までの付録の域を脱しています。
メタル振動板は、Alpairと同等の物か?しかし、マグネットが小さいので音の傾向はCHR系?かと推測しています。

予価は5,000円、コンテストが実施されるかどうかは今のところ分かりませんが、工作意欲を沸かせますね。
個人的には、5,000円なら数セット・・・・・最低2セットは欲しいところです。

いずれにしても、楽しみが増えました。

他の方のブログで、コンテストの内容が紹介されています。

CIMG2143.jpg

コンテストの内容は、このブログ上では紹介しないつもりでいましたが、自分の分なら既に紹介していますので写真を載せました。
既に、お気付きになっている方もいると思いますが、作品名がユニット名だけになっていました。
本当は、この前に木彫と付いていたのに・・・・・・・・(笑)

http://mcap.exblog.jp/238087073/


http://enbisp.at.webry.info/201712/article_2.html

http://audiokites.exblog.jp/238089589/

http://rfseisaku.blog91.fc2.com/blog-entry-464.html


☆Stereoブログの紹介で特別ゲストの出演とあったので、誰が来るのか期待をしていたら、ハーモニカ奏者の山下伶さんでした。

CIMG2230.jpg

生演奏を2曲ほど披露してくれましたが、残念なことにハーモニカにマイクを用いたPA介入の演奏で、音はホールの特性と相まってハーモニカの音源としては、少し円やかに聴こえてきました。
そこで、録音が良いとの宣伝文句を信じてサイン入りCDを購入。 【サイン入りが目当て?】
昨日の10㎝級の音の確認は、このCDでしていました。
今も、きれいなハーモニカの音色が部屋中に溢れています。
いいですね。
購入して正解でした。
これでリファレンスCDが1枚増えました。


・・・・・・・トランペットは挫折しましたが、ハーモニカなら何とかなりそう気がしていますが、単なる思い込みか?・・・・

明日は、Stereo誌主催の自作スピーカーコンテスト発表会

明日は、待望のStereo誌主催の自作スピーカーコンテストです。
詳細は、Stereo誌ブログでご確認してください。
http://stereo.jp/?p=2733

ブログの文中に銘文がありました。
その音を、その技を、その形を競い合う』・・・・正ににその通りで胸に響く言葉ですね。

今回の箱は、音を良くすることを第一の目標にしてユニットの素性を確認後、箱をイメージしました。
今回エントリーした箱は、中高域の素性が良いパイオニアのユニットの再生帯域のバランスを取ることを優先して、口径6cmのユニットの低音をどのような傾向で、質と量感を醸し出すか?
単純に低音の量感を求めるなら、ファラオのように箱の容積を大きくすれば良いですが、それでは匠部門に再チャレンジする意味が薄れる。
外観を凝るだけでは無く、何かしらの工夫をして出来るだけ小さな箱で低音の再生をするのも、匠の技と言えるのではないのかと考えました。
ですから、今回の箱はファラオやトロフィーに比べるとサイズ的には、対局的な物になりました。
方式は、勿論!自己流石田式BHBSの最新版【6cm専用】として低音及び全体の再生帯域のバランスを取ることに心がけをしました。
ただ、音の調整で困ることは数分から十数分で耳が慣れてしまうことです。(汗)
幸か不幸か?本業で出張が多い事が幸い?して耳のリセットが出来たことは良かったですが、時間が足りなかったような気もしています。
最後まで苦労したのは、小口径特有の線の細さでした。
耳が慣れると丁度良い塩梅加減で聴こえてきますが、他の口径の大きいユニットと比べると線が細く肉付きの悪さが気になります。
必然的に、ダクトの調整に明け暮れる日々が続きました。
締りの良い低音にするか、緩くても聴き易い腰高の量感豊かな低音にするかを迷い、試行錯誤の連続。
外から見えるダクトの穴のサイズは変えられませんのでダクトの径の変更が出来ず、苦肉の策で塩ビ管のジョイトを使い少しでも口径を大きくすることをしたりm異形ジョイントで出口だけ狭く、箱の内部で大きくしたりと苦労をしました。
お陰様で、妥協できるレベルまで仕上げたつもりでいます。
40Hzの再生は諦め50Hz付近から再生していると思いますが、量感は70Hz~80Hz付近が多い【小口径のレベルでは?】

音が良くなる?デザインの加工を実施。

①フロントバッフルに面積を小さくして音場を良くする。 【横幅を狭くした】

②回折の対策で側面をラウンド化。 【板を削り厚みを変えることによる板の固有振動の軽減】

③フロントバッフルと側板の材質を異なるものとして硬柔のハイブリッド化として固有振動の軽減 【木本来の響きへの考慮】

④リアバッフルを脱着可能として、ダクトの交換が可能とした。 【部屋対策・・・リスナーが壁に寄りかかる環境は別】

⑤球体の木質インシュレーターを採用。 【材質を木にしたことで金属の共振を無くす】

⑥ダクトからの中高音漏れの考慮で吸音材を第2空気室に使用。 【ダクトから漏れ出る?中高音の位相の軽減?効果は不明】

⑦ダクトからの風切り音の対策で、ダクトのR加工、ダクト内部にフェルトを張り付けている。 【R加工はデザイン的に良い】

⑧側板の一部を刳り貫き内部の容積を増やし、板厚の違いによる固有振動の軽減もした。 【第2空気室の容積確保】

他にも何かあったような気がしますが、忘れました。
こんなことを考えながら作った箱ですが、明日、音楽の友ホールでどんなパフォーマンスを見せてくれるやら楽しみです。
内心は、低音過多にならなければと祈っています。

月刊Stereo誌主催 第8回試作スピーカーコンテスト 審査通過作品の試聴前準備

12月16日に神楽坂の音楽の友ホールにて自作スピーカーの作品展示&試聴会・授賞式開催されます。
住所 東京都新宿区神楽坂6-30 東京メトロ東西線 神楽坂駅1番出口より徒歩1分

タイムスケジュール
12:00 会場
13:00~14:30 ステージにて2次審査通過作品の試聴 (第1部)
15:30~16:30 ステージにて2次審査通過作品の試聴 (第2部)
16:30~18:00 表彰式、寸評等

☆2次審査通過の方は、会場で再生を希望されるディスク(CDまたはSACD)を1枚持参、1分30秒ほど再生。

昨晩から本日早朝まで一時的に、自宅に帰って良かった!
嫁さんとの電話でのやり取りで、肝心なことが漏れていた。
上記のことと、出欠の連絡をメール若しくはFAXですることになっていた。
なぜか?メールがうまく出来ない??やり方が分からないと言った方が良いのかと思います。(汗)
FAXで連絡をした次第です。

ここで、思案したのが持参するソフトです。
音楽の友ホールのキャパは広大で、低音の量感があるソフトだと音量が上げられない可能性があるが、箱の特性上低音は捨てがたい。
試聴する方々も100名は超えると思いますので、高域の弱いソフトは解像度堕ちてしまうし・・・・・
チェンバロ系や女性ヴォーカルが脳裏を横切る。
グランカッサなど入っていなくて雄大なスケール感のある曲も良さそうです。
そこで、ソフトの選出を行いました。
ただし、メインやその他のBHBS、2wayなどでは、感想を誤まるので試作で作った箱で音を確認することにした。

CIMG2076.jpg

MOOK指定のサイズを意識した箱を石田式BHBSで低域を持ち上げるつもりで作りましたが、久々に失敗した箱でした。
その後、改造してそれなりに聴ける状態にしていました。
レンジは大したことはないですが、俗に低音と呼ばれている帯域は十分な音圧は出ています。
しかし、声は口径の関係か?少し細い・・・・・誤魔化しが必要なので実施しました。

CIMG2077.jpg

声に少し肉を付ける為にダクトは排除、開口部面積の小さなBHとしました。
中低、中、中高、高域の確認は良い感じです。
煩い鳴り方や線の細い鳴り方をするユニットを誤魔化して聞くには効果のあるダクトなし箱です。
厳密には板の厚さがダクトの長さになります。

何とか?曲は、決まりましたが・・・・・あの広大なキャパで良さが出せるか?心配です。

Stereo誌主催 第8回自作スピーカーコンテス2次審査通過のお知らせ

CIMG1441.jpg


只今、長期の出張中でStereo誌からのメールの確認が出来ない環境にいます。
Stereo誌のブログを拝見したりして、気を揉んでいました。
本日、嫁さんに連絡をして自室のPCのメールの内容の確認をお願いしたところ、電話でのやり取りがリアルタイムになり・・・・
長電話になってしまった。
1週間分のメールを表示するのに数分を要しましたが、気が遠くなるほど長く感じてしまった。
嫁さんの読み上げる文言も、たどたどしく聞こえてくる。
早く結果を教えてくれと頼むと【2次審査通過】していたことが確認できました。(ホッ)
結果を知るのは、幾つになっても緊張しますね。

出欠を12月の11日までに連絡する旨が明記されていた。
PCでのメール連絡は不可能なので電話で連絡をすることにしましたが、今のところの予定では16日は仕事が入っている。(涙)
もう少し、様子を見て連絡をすることにします。