半日経っての感想

2018_0716_200112-CIMG4068.jpg

用事で西伊豆に行きましたが、上りの車の多いことに帰りの渋滞が心配でしたが、運転は往復息子に任せていたので、爆睡状態で夕方には自宅に帰っていました。
実は、土曜日の午後から世田谷まで友達との飲み会で東京に一泊していましたので、遊び疲れが残っていました。

帰宅して本格的に音の確認をしてユニットの傾向を把握しました。
マークオーディオのユニットは、全般的に中高音は申し分ないので、低域だけ気にしています。
Qが高いだけあって、サイズとしたら低音は簡単に出るように感じています。
試しに、もう一つの箱に入れました。
この箱は、Alpair5用に試作した箱ですが、この箱では低域が出過ぎ状態になっていますので、付録の方が明らかに簡単に低音が出ると思います。
ただ、自室で丁度良い量感の低音もコンテスト会場でセットされる位置で聴くとスカスカになりますので、その辺の音作りが難しいです。
単純にキャパが広いからの減衰なら調整は簡単に出来ますが、打ち消しあいによるものだと・・・・
いずれにしても、簡単に低音が出ていますので複数本使用の必要性があるのか疑問も感じています。
耳が慣れてしまったせいなのか分かりませんが、非常に聴き易く1本でも十分かと思われる出来です。

2018_0716_172340-CIMG4066.jpg

マグネットのサイズは、径60mm厚み14mmと同じで、歴代の付録の中でも最大です。
フランジを樹脂製すればペアー1万円位はしそうな感じです。

発売まえなのに、アマゾンと楽天は既に売り切れ状態になっていました。

日時、会場、箱のサイズ、重さ、ユニットの使用数などこれから雑誌で発表があるようです。
それが決まらないと製作にはかかることが出来ませんね。

MarkAudioさん・・・・やり過ぎ?

CIMG4060.jpg

先程、自宅に届いた付録のスピーカーユニットを早速!適当な箱に入れて音の確認をしました。
良い意味でやり過ぎですね。
ペアー5000円マイナス本代の音では無いです。

今迄の付録で最高の音質、値段も最高ですが、色違いの市販高級ユニットに引けを取っていません。

CIMG4064.jpg

時間が経過するごとにもりもり出てくる低音は、駆動力も悪くない。
軽く50Hzから出ているのでないかと思います。
箱は8cm級BHBSで十分な鳴りっぷりです。

こから用事で西伊豆に行くので帰宅してから、箱を変えて音の確認をしてみますが、期待を裏切らないユニットです。
質が良いので、どんな箱でもそれなりに鳴ってしまうので、コンテストの審査員泣かせのユニットだと思います。

ユニットが良ければ箱は何でも良い?

最近、AV用の7.1chの構築で作る箱の方式は、シングルバスレフになっています。
シングルバスレフに方向転換をしたのではないのですが、7,1chでは0.1chのサブウーファーが低音を補ってくれますので、あえて箱で低音の増強をしなくても良い考えてのことです。
そこで、シングルバスレフの箱の製作になっています。

CIMG4058.jpg

気が付ていたことは、低音専用のウーファーは16cmウーファーとしたら口径は小さい部類に入りますが、低音の量感や質がしかっかり出ます。
箱屋としては、箱の作り甲斐はありませんが、失敗をすることもなく短期で簡単に箱が出来てシステムの構築が進むことはありがたいですね。
この辺でメーカーもシングルバスレフの方式を取っているのだと思います。
専用ユニットを使用すると簡単に良質な再生音が得られるが、コストは反対に跳ね上がりますので財布の中との相談になりますね。
フルレンジは、その点コスト面では安く済みますが、シングルバスレフでは低音不足になる可能性が多く、その他の低音再生の方式を取らなければなりません。
共鳴を利用する訳ですが、歪と凹凸との格闘になりますので、箱がカット&エラーの繰り返しになり、コストは違う面で高くなります。
双方を総計したら専用ユニットを使用したシステムの方が割安だったなんてことも考えられます。

たまに、良質なユニットで箱を作ると色々と考えさせらますね。

38cm級サブウーファーをどこに置こうか?

CIMG4055.jpg

3日目でユニットがすべて入りました。
ハイエンドに通用するFostexのユニットを使用しているため、センターのユニットが見劣りするように感じてきました。
音は引けを取ってはいませんせんが、見た目が悪いですね。
めちゃくちゃですが、スキャンのツイーターを足して見ようかとも考えています。
テレビ用にハイエンド自作スピーカーは、少々やり過ぎですね。
大型テレビの導入まで時間がありますので、もう少し詰めたいと考えています。

取り急ぎ1本を仕上げ

CIMG4036.jpg

昨晩、夜なべ仕事で1本だけユニットを入れて仕上げました。
ネットワークを作り直しをしていたので、時間が掛かってしまった。
以前のローパスフィルターは、ユニットに対して1の割合でセットしていた。
狙いはスタガーを意識していたためでしたが、スタガーにすると良さそうに感じたために行っていました。
しかし、バランスの取れてるユニットで行うと下膨れ気味な感じになり、結局、同じローパスフィルターを作っていた。
それなら、最初から2本をパラレルで繋ぎ、4Ωのローパスフィルターを1つ作れば安上がりになります。
単純に、Lの値が半分、Cの値は倍にすれば良いだけですので簡単です。
ローの能率がたくなったのでツイーターに使用していたアッテネータは不要とした。

CIMG4042.jpg

床の強度は十分ありますので、特にインシュレーターに神経を使う必要ないのですが、床に傷が付いたり共振などの対策で写真の方法を取りました。
布製両面テープ+発泡ゴム5mm+布製両面テープ+フエルトで対応しています。

着々と7.1チャンネル化が進んでいますが、肝心の大型テレビの導入は、嫁さんの猛烈な反対にあって頓挫しています。
4台あるテレビのどれか一台が壊れれば良いのですが、わざと壊すわけにも行かず・・・・・若い時のように黙って買って事後報告の手もありますが、それも何か後々の言い訳が面倒なので、暫くは我慢ですね。
その内に、80インチクラスが50万円を切る価格帯になるかもしれませんし、有機ELが液晶並みの値段になることを祈りつつ欲しがる自分に言い聞かせています。

0.1chの製作も考えていますが、どこに設置したら良いのか・・・・・これが、決まらないとサイズが決まらない。

真面目に部屋の大掃除をしなければ

CIMG4035.jpg

サーロジック社の初期のルームチューン用の音響パネルの後ろには、不要な物が沢山山積みにななっています。
部屋には、ある程度吸音のために物を入れてある方が良いとされていますが、限度を超えているように思います。
夏休みに、真剣に片付けを実施して、部屋のレイアウトを少し変えるつもりでいます。

サーロジック社の音響パネルも、部屋のチューンが進んだ今は、不要かと考えています。

本来、部屋のチューンが進めばこの手のアイテムが不要なはずです。

ある意味、音響アイテムがあること自体、部屋の環境が悪いと宣伝しているようなものですから、もう卒業考えなければならない時に来ていると思います。

捨てるのは勿体ないので、設置位置を壁に直にして目立たないように隠してしまい部屋の見てくれを良くするつもりです。

大型テレビ導入準備?

CIMG4030.jpg

右手首の痛みは多少は残るものの、大型テレビ導入準備でAV用の箱の製作を行いました。
センタースピーカー内臓のテレビ台と同じ高さの箱にしました。
写真左の箱に取り付けてあるユニットを移植する予定です。
方式はシングルバスレフで30mm厚のメルクシパインの棚板を使用しています。
内容積は約40ℓと16cm2発にしては少し大きめですが、リアに38cmのドローンコーンは横幅の関係上、仕込むことが出来なかった。
H640mm×W300mm×D370mmでは板厚の30mmを考えると無理です。

CIMG4034.jpg

新作箱の上に13cm2wayを載せていますが、大型テレビ導入の際は他の場所に持っていきます。
音響パネル間の長さは約1m90cmありますので、85インチテレビがギリギリで入ると思いますが・・・・・・・
諸事情で、当分先の導入になりそうです。

箱の補強の色々と部屋の壁の強度も同じようなもの?

CIMG3719325.jpg

コンテスト機の製作に基づいて色々と思案を巡らしています。
側板の方式で、色々と思案中です。

漫画図の簡単な説明です。
A:板と板との間にフエルトを仕込んだ共振対策。
箱鳴りが抑えられますが、何か失う。 詰まった感じに聴こえた。

B:ラーチ合板と集成材とのハイブリッドによる箱の収縮防止と響きの重視。
これは、比較的に良くてよく使用していました。

C:コンパネと曲げ合板との間にフェルトを仕込んだ共振対策。
あまりしたことがありませんが、形状のお陰か、良かったですが、工作技術が必要なので面倒。

D:コンパネとコンパネの間に石膏ボード挟んで固有振動の軽減。
重くなるだけで効果なし、箱鳴りも盛大で変な音が乗る。

E:様々な板の複合体でコンパネ、ラーチ合板、石膏ボード、防振ゴムなど複合体で強度の高い材質に変化。
重く強度はあるが、箱が板厚で大きくなる。
音の逃げ場が無くて、バスレフなどではそのまま音が出てくる感じです。
適度の厚さのコンクリート板で作った方が強度の面では上だと思いますが、良いことが出るとは考えにくい。
投資の割に効果があまりなかったように記憶しています。

箱は、どこか1か所、弱い部分を残すのがコツですので、部屋と同じで全面もガチガチで作ると音が飽和しやすくなります。
尤も、スピーカーの箱は、吸音材の使用をすることで防げますが・・・・・やり過ぎると音が死ぬ。

左の180mmのコンクリート壁は、自室の部屋の状況ですが、発泡スチロールの断熱材にケイカル板5mmを千鳥に2重張りを施した10mm厚の強度ガチガチに見えますが、60mm発泡スチロールの強度は無く、挙句の上に音を良く通しました。
【図では、理想で発泡スチロールの中に横桟を入れてケイカルの鳴きを抑える工夫を考案した絵ですでので、自室の壁とは違います。】

コンクリートの躯体が、糸電話の糸の役目をしていた。
外には音は、媒体になるものが無いので音漏れはしませんが、他の部屋には糸電話現象である帯域が音が聞き取れる状況になりました。
対策は、このケイカル壁の上に吸音層と反射層を設けて対応して現在の部屋の環境が出来上がっています。

スピーカーの箱は、音をダクトなどで抜いても部屋の中に漏れ出るだけなので問題はないですが、俗に言う音抜けの良い部屋は外に音が漏れ易いので、近所迷惑なる。
逆に、音を閉じ込めると超低音再生には有利になるが、音が飽和しやすくなるので部屋の内部に、それなりの工夫が必須となることだと推測されます。

また、話がそれました。
部屋も箱も共通事項が多いですね。
ガチガチの強度過多もダメ出し、強度不足もダメ出し、その中間もきっと良くないでしょう。
そうなると、理想はガチガチの部屋の中に、程々抜ける部屋の構築が良さそうですが、作っていないので推測の域を出ません。
床にしろ壁にしろブーミング対策で強度を求める傾向ですが、スピーカーのサイズを間違えると聞く堪えない音になる可能性もありますので、部屋に合わせた機器類の選び方も必要になると思います。
我が家では、ウーファーは25cm~30cmが限界と考えています。・・・・・妄想では38cm?

やはり、コストのあまり掛からないスピーカー箱で、実証実験を積むに限りますね。


コンテスト機への本格的な模索?迷い?

先週からこの時期にしては、珍しく出張が続いています。
本日も移動で出張先に向かいます。
仕事が忙しくなると、どうしても遊びは二の次になりますから、ブログの更新も怠慢状態になります。

付録は、4冊注文しています。
最大で片チャンネル4本の使用が可能ですが、使い方に迷いが出ています。
まずは、音の方向性を決めなければなりません。
4本使うか、2本にするかで方向性が変わります。
2本なら、高域への影響を考慮するとリバーブルにするか、1本を内部にサブファーで仕込むか
面倒なので1本にするかと、ユニットの使用数でも迷います。

今、8割方決めている案がありますが、箱のサイズと自己の木工技術に問題を感じています。
ブログの名前を元に戻しましたが、付録ユニットでハイエンドの音や風貌を目指すのも有りと考えています。
ただ、どうしても自分の癖が知らず知らずに出てしまう。【一目で誰の作品か分かってしまう】
この辺の卒業も考えています。

デザインは、側面はRラウンド【水滴系】天頂は、ウイルソンベネッシュ風、足元はB&W系とハイエンドスピーカーのデザインと似てきます。
漫画図を描いていたら、いつの間にかソナスファーベルのAIDAⅡ(アイーダⅡ)風になっていた。


CIMG40161254.jpg

試作箱の面取り

CIMG4016.jpg

FE88sol用の試作箱の出来が良いので、フロントバッフルを18mm程厚くして面取りをしました。
元の箱のフロントバッフルは24mm(12mm+12)ありますので、今回の18mmを加えたことで、42mmの厚みとなりました。
こうなると、面取りも少し変えてみたくなります。
研磨はしていませんので、研磨を施すと各面の境がもう少しシャープになります。

この箱の出来で次のステップに移ることが出来ることになりました。
そして、その箱の出来の具合でコンテスト用の箱の製作に移りたいと考えていますが、2つの案で迷っています。

CIMG4008.jpg

これは試作箱用のスピーカーターミナルです。
714円で5セットとリズナブルです。